情報

「情報」について考えてます。
情報。
本や映画や音楽や芸術など、世の中にはいろんな媒体があるけど、結局のところ、人間が一番おもしろいメディアだな。とかつて思っていたことを思い出したので。。
量的に多い、というだけでなく、詰め込まれた情報自身が、人の中では、刻々と変化するから。

そういう意味で、人の記憶というのは歴史ににている。

誰がどんな情報を有するか、というよりも、その人がその情報をどう変化させるか、ということ。
その変化そのもののほうが重要なのかもしれない。
と思った。
この「どう変化させたか」ということが、知恵というものになるのかもしれない。
知恵は、生きている。

知恵というと、ポジティブなものだけをさすようだが、完全な生きた知恵に向かう途中の段階を「変化」と捉えると、情況は変わってくる。

わたしたちが個体として誕生したとき、まだそれほど波動が落ちていない当初、わたしたちが目指し、作り出した変化は、調和や、発展に向かうものだけではなかった。
くっきりした輪郭を持った個体は、永遠や一つであることを実感するには、不向きだ。
それは一つ一つの閉じた世界の中で、それぞれの小さな夢を描くに適したもの。
閉じた世界で見る夢のなかで起こることは、とてもブリリアントだ。
ぬかるみのようにたくさんの分離に阻まれ、一歩一歩がとても重く感じられることがあるだろう。

しかしどれほど時間がかかろうとも、知恵を得た時点で、わたしたちはいつでも、ただ一つのものである生命の座へ帰ることができる。
知恵と生命は、同じもの。
生きた知恵を生きることが、本当の自分を生きるということ。

わたしたちは、自分が生きる過程で蓄積した記憶の総体であり、
かつ生きた、知恵そのものでもある。

記憶は、「現在の自分」によって、常に絶え間なく更新されている。

わたしたちは振動する。震えながら新しい光を振りまく。

わたしたちは「変化するため」に形、物質を作り上げた。
形というのは、たぶん一種の基盤であり、別の風景を見るための窓なのだ。
変化するために、固着したものを作り出す必要があったんだな。

ただ、わたしたちには、自分がお好みの何かを作り出すたびに、それが永遠にそこにあるように思い込む癖がある。
時間の魔術によって。

わたしたちはなだらかに続く、リボンのような時間の道を歩いているのではなく
点から点へ、意志の力によって、ワープしているだけなので
ほんとうは全てが、そのたびに新しい。

それを完全に自分で認識できたら
肉体なんて何度でも、簡単に再生できるだろう。
実際やってるのだもの。

記憶も肉体も、この瞬間にしか存在しない。

かつてアルコール依存について調べていたとき、全ての依存症の根本原因は、過度のコントロール欲求ではないか、と書かれていた本を読んだ。
情況の全てを、自分の思い通りに制御したい。

だが「原因と結果の法則」によると、物事は、表面意識が望むようにではなく、意識が感じることどおりに現れる。
だから、自分がどんなことを感じているか、ということが重要になってくる。
恵まれた環境の人にいいことがやってくるのではなく、その人の持つハッピーな気持ちに呼び寄せられて、素敵がやってくる仕組みだ。

というわけで理想に近づけようという、コントロール欲求を持てば持つほど、そのひとの置かれた情況は厳しくなる。ということが起こってくる。
求めれば、それがないことが現れる。なぜなら、求める。ということは「ない」ということを前提にして(感じて)いるから。

しかし「求める」をすっとばし、もうそれは「ある」んだ。と思ってしまえば、実態がどうであれ、やがて現象上に「ある」という状態があらわれる。

大きな自分、本質のわたしにとっては、個体としてのわたしが幸せであろうと、絶望の淵にいようと、それはそれで大事な体験だ。

幸せであることと不幸であることの間に
形を通して感じるほどの違いはない。

何をどう学ぼうと、それはいずれ知恵に変わる。
もしかしたら今の肉体を持った自分ではなく、もちこして何世代かあとになっちゃうかもしれないけど。
悠久の宇宙にしてみれば、いずれあっという間。

でも単に一人の人間としては、本質に従い、やっぱりハッピーなほうが、断然いいわけで

ここはひとつ、ぐっとシンプルに行きましょう。

幸せはここにある。ほらね058.gif
by terasumonnmoku | 2009-01-11 11:36 | 最新情報 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku