映画Canta!Timor(実際の感想)

ついに見ました(笑)

楽しかった~\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

映画も、監督のお話も、助監督と音楽監修を担当した小向サダムさんの演奏も
ただただ感動!でした(T_T)

実行委員の皆さん。ほんとうにお疲れ様でした。

そして、勝手に思い切り楽しんでしまって、ごめんなさい m(__)m

会場の中で、わたしが一番盛り上がっていたような気が(いや。ほんとに。。。)します。

飛び入りで、打ち上げにまで参加させていただいて
ありがとうございました!!!!!

みなさんと同じ時間を共有させていただいて、うれしかったです。

さて、実際に見た感想ですが(笑)、興奮しすぎて、客観的に書けません。
なので、これがどんな映画か知りたい方は
この日記ではなく7月23日付の宣伝記事を読んでください(笑)

音楽も映像も、語られる言葉も、どうしようもなくすばらしかった!

アレックスの音楽にはエゴ的なものがなく
彼は、有名になることも、評価されることも求めていない。

ただ、人生を受け入れ、喜びを表現する方法として、音楽を心から愛し子供たちと楽しんでいるように見えるのです。

だからこそ、その響きに、例えようもないほどの感動があった。

でもCanta!Timorの音楽や映像や言葉が、あんなに輝いて見えたのは、
創る側のみなさんに、アレックスと同じ感覚ー音楽や生命に対する深い尊敬の念があったからじゃないかと思いました。

と、打ち上げで音楽監修をされた小向サダムさんに話してみたら

サダムさんご自身も、日々の音楽活動の中で、「自分」が目立つのではなく、「音楽」そのもの、を表現することを常に心がけていると、おっしゃっていました。

人はエゴに満ちた生き物で、それは口で言うほど簡単なことではないはずです。
なのにその息苦しくなるようなところに、ちゃんと向き合っているのがすごい。

映像についても同じことを私は感じました。

東ティモールには苦難に満ちた歴史があり、映像の中にたくさんの方々が、ご自身の「残酷な経験」を物語るシーンがあるのですが
その画面が、見たことがないほど静かな尊厳に満ちていて、何ともいえず美しいのです。

どうしてあんなふうに撮れるんだろう。と不思議に思い

東ティモールの元兵士が、何人もの仲間を目の前で殺され、自身拷問された過去を語った後で

「これは怒りではない。わたしは怒っているのではないんだ。」
と言った時、

「嘘だろ?」
とは思いませんでしたか?

と、これも多くの場面で実際にカメラを回していたサダムさんに聞いてみると

「言葉がわからないので、そういうことは考えなかった。ただいつも、その人が、最高にかっこよく撮れるように、ということだけを考えていた。」

と話してくださいました。

言葉を解する監督ご自身の受け止め方がまずそこにあった。ということはもちろんですが
言葉はわからなくても、感情はニュアンスで伝わるものだと思うのです。

そのニュアンスが、事実怒りではなかったということを、映像を撮る方が察知したからこそ、あのように透明な映像になったのかもしれない。

言葉がわからないから、真実が伝わった。言葉の影に隠れ、命を失っていきがちな「ほんとうの感情」だけが、形になって残ったと。

結果として、残酷な物語の語られる場面には、透明な悲しみと、それさえも突き抜けてゆく、存在に対する深い信仰ー信頼ー祈りーのようなものが映っていたような気がします。

まるで、奇跡のように。

(T_T)

映画の後で監督が、東ティモールで使われるティトゥン語には
「敵」という言葉がない。と、教えてくださいました。

「敵」にあたる言葉はあるにはあるのですが、それを直訳すると「違う方向を向いている人」という意味になるのだそうです。

もう一つ、驚くべきことにこのティトゥン語の「あなた」ということを意味する「イタ」という言葉には
同時に「わたしたち」という意味も含まれているのだそうです。

「この鉛筆は誰の?」
ときくと「イタ(わたしたち)の!」という答えが返ってくる。
だから使ってもいいよ!

他者のいない世界って、すごすぎませんか(泣)

映画に写し取られた東ティモールの人々のすばらしさは、ティトゥン語の構造に組み込まれた「すべてはひとつ」をダイレクトに現出させる仕組みに基づいた、深い哲学的な思想背景が支えているものなんだろうな。

また、この映画にはたびたび、「ルリック」という精霊のような魔法の力についての言及があるのですが、その「ルリックの守り人」を探す旅の途中で、道を教えてくれたおじいさんが最高に素晴らしかった!

満面の笑みで日本から来た監督に

日本軍から何度も殴られた話をし
それはもう終わった話だ。というのです。

大事なのはわたしたちが解放された。ということだ。
それができればほかのことはどうでもいいのさ。(T_T)

その次のシーンでは「このままいくと、世界はどうなりますか?」
という広田監督の問いに

ルリックの守り人がマルスの葉の噛み跡を読んで、こう答えます。

「近い人が減り、遠い人が増えるだろう。

お前が暮らす大地を敬い、そこで神々とともに暮らしなさい。そうすれば絆が生まれる。」

ゲームに熱中して現実を忘れても、わたしたちは大地から離れられない。

私たちは大地を支配しているのではなく、大地に間違いを犯すことを、ただ許されているだけなのでしょう。

テベ(大地を踏みしめる踊り)を踏み、絆を育てよう。

希望はそこから生まれる。

Canta!Timorは、東ティモールのみなさんの美しさと作り手の純粋さから、奇跡のように生まれた映画だと思いました。

映画そのものが最高に素晴らしい。

でも、そこに共鳴して上映会を開いてくださった皆さんや、
実際に映像を見て涙するわたしたちのなかに

画面の中で輝いていた光と同じものがあるからこそ、この感動が連鎖してきたのだ、

とも思うのです。

それが、わたしたちのこれからにつながる、なによりの、希望だなあ、

と、見終わった後でしみじみ感じたのでした。

あたたかな感謝の気持ちが胸いっぱいにひろがって
時間がたっても感動が薄れない。

素晴らしいひとときを、ほんとうにありがとうございました!!!!
by terasumonnmoku | 2012-08-26 17:12 | 最新情報 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku