ソフィ・カル  最後のとき/最初のとき(原美術館)

ソフィ・カルは1953年生まれのフランスの女性現代美術作家。
写真と文章を用いた物語性の高い作品で知られる。

彼女の他の作品には、街で拾った見知らぬ人のアドレス帳に記載された人々にインタビューを行い、持ち主がどんな人物であるのかを、実際に会うことなく浮かび上がらせた
「アドレス」があり、ソフィ・カルはその作品を作ったことで、30年前に訴えられている(!)

この作品展「最後のとき/最初のとき」に展示された一連の作品は

1986年に作られた、生まれつき目の見えない人に「美のイメージとは何か」を尋ねた 「盲目の人」という作品で得られた、ある男性の回答
      「わたしの見たもののうち、最も美しいもの、それは海です」
という言葉に触発されて、創られたもので

2011年の「海を見る」ー生まれて初めて海を見る人々の表情をとらえた映像作品。

と、2010年に作られた「最後のとき」ー突然視力を失った人を取材し、写真とテクストで綴った作品の2部構成になっている。(両方とも場所はイスタンブール)

目の見えない人に美について尋ねる。というような、
言いようによっては残酷で、ぎりぎりな感覚が好きだ。

ぎりぎりを突き詰めていくと、突然視界が変わり、前提が崩れ、別の世界が立ち現れる瞬間がある。
それをわたしはアートと呼ぶが、呼ばない人が大勢いても全然不思議ではない。

「海を見る」が展示されている部屋には、10個のスクリーンがあって、そこにイスタンブールの内陸部に住み、テレビすら見たことはないのではないか、と思われるような人びとが初めて海を見ている後姿が、一切の説明なくただ、映し出される。

しばらくして、彼らはそれぞれのタイミングでこちら側を振り向くのだが、その表情がすごい。

同じ海の、同じ風景を目にしているはずなのに、一人一人の心象風景のあまりの違い(純粋にわたしにとっての事実)に、慄きを感じた。

ある人の海は、単に理解できない「不可解」な表面であり、ある人の海は静謐で哲学的なありようを見せ、またある人の海は立体的で、光や色が際立った生き生きとした喜びに満ち、ある人の海は存在の根源に深く立ち入ってゆくような、神秘的で深い余韻を醸し出している。

人の数だけ、海がある。

それはもはや、認識とか視覚刺激の問題というよりも、その人自身がどれほどの事物に対する許容量を持っているか、どこまで自らの魂の深みに降りていくことができるか。ということについての、それぞれの告白を聞いているよう。

ひとはひとりひとり、違う世界を生きているらしい。とは漠然とは思っていたものの、まったく同じものを見る、大体同じ境遇の人の心象風景を同時に認識し、その差異を目の当たりにしたのははじめての経験だった。そこがまさに衝撃的だった。

2部の、「最後に見たもの」についての印象は全く異なっている。

その人たちの持っているイメージの情緒的側面は、そのひとが「視覚を失った」事実をどのようにとらえているかということに大きく左右されているように思われた。
ある程度それが許容できているひとの持つイメージは、どこかノスタルジックで、その人の中に二人の人間がいるような面持で立ち現れる。

見える世界で機能していた自分と、盲人としての別の人生と。

二つの世界の橋渡しをする最後の記憶は、誇らしかったり、悲しかったり、ちょっとおもしろかったりする、中身の分からない瓶に張り付けられたラベルの様に、残っている、らしい。

わたしが一番気に入ったイメージは、病気で徐々に視力を失った人の最後の記憶だ。

視界がぼやけて道路標識のポールと、傍に立っている女性の太ももの区別がつかず、転びそうになり、思わず女性の足をつかんで殴られたという経験を語る男性のイメージ。
たぶん厭な記憶ではなく、そういうことさえ大切だったほろ苦い記憶として、今もその人の中で生きていることがとても美しいものに思え、胸に迫る。

でも視覚を失ったことを、受け入れることができない人の記憶は、あまりにも「現在」でありすぎ、ただただ圧倒される。
彼らはその「苦痛」を日々新しく更新し続けることで、目が見えない人として生きていくことを、懸命に拒絶しているよう。

そのひとたちには、変化してゆく日常としての「現在」は、たぶん、存在しないのだろう。
そういうあり方を選択しなくてはならない理由は理解できる。
ただ、イメージは共有できない。
昇華されない苦しみは、誰のものでも個人的で、普遍性を持たないものなのかもしれない。

喪失ーについてがテーマなのだろうか、と漠然と考えてこの展覧会を見に来たが、これはもしかしたら、喪失というよりは獲得―変化についての物語だったのかもしれない。と、後になって思った。

海を見た人は、「海」という概念を獲得し、
視力を失った人は「視覚による認識手段を失う」という状況を獲得したのかもしれない。

わたしたちがこの作品展によって見ているのは、大きな衝撃によって、ある世界観が崩壊し、その人の中で世界の意味や秩序が再構成されてゆく、その過程だった気がする。

内的世界の秩序を再構築しつつあるさまざまな段階にいる自己像を見ているような、不思議な既視感があった。
by terasumonnmoku | 2013-05-15 18:56 | アート | Comments(0)

生きる意味が見つからないなら、自分で創って育てちゃおう!というブログです。やっていることはさまざまですが、常に生きることに向かっています。

by terasumonnmoku