16.グレートデイズ

グレートデイズ ー夢に挑んだ父と子ー 
2013年 仏 ニルス・タベルニエ監督・脚本  90MIN 

タベルニエ監督の名前になんだか覚えがあると思ったら
「田舎の日曜日」で有名な、ベルトラン・タベルニエ監督の息子さんでした。
田舎の日曜日も、いい映画だったなあ。。

これは、車椅子生活を送る少年と、頑固で不器用な父親が、
ハンディキャップを乗り越えてトライアスロンに挑戦し、
親子として真正面から向き合っていく姿を描いたドラマ。
大変ベタな設定に、わたしは超大感動してしまい、
全90分中、72分は泣きながら見ました。
(そもそも、父と息子ものに異常に弱い)

息子のジュリアンが、意志と意欲に満ち溢れ
目が生き生きとしている。ほんとにいい。
レビューを見ると、このジュリアンをどう捉えるかで
この映画の評価が分かれるみたい。

彼をわがままに思う人もいるようで、
そういうひとはたぶん、無償の愛を持つことのよろこびと強さを
経験したことがないに違いない。
お父さんは、自分のためには頑張れない。
でも、可愛い息子のためにはがんばるのだ。

その可愛い息子の笑顔の為に頑張ることが
結果的に父自身を救っていく(ノ゚ο゚)ノ ~

誰かの子供でいるより、誰かの親でいるほうが、
ずっとよろこびが大きい。
だから、状況が許せば、これからのみんなにもぜひ、
こどもを育てる、
という体験をして欲しいなあと思う。

しかもこれは実話で、その事を知ってさらに感動。
リアル親子の映像がここ↓
http://labaq.com/archives/51303029.html

ジュリアンの笑顔が輝いている。
この笑顔を見るためなら、
お父さんはトライアスロンだってやっちゃうよ( ^ω^ )

by terasumonnmoku | 2015-02-27 21:00 | 映画 | Comments(0)

生きる意味が見つからないなら、自分で創って育てちゃおう!というブログです。やっていることはさまざまですが、常に生きることに向かっています。

by terasumonnmoku