音楽とダンスの夜。

先日、ふらりとうちに、想真君という身体表現アーティストの男の子が
遊びに来てくれました。
想真君とわたしは、その前日とあるところで行われた
(その場所も最高なのですがそれはまた別の機会に!)
彼のワークショップで出会ったのです。

そのワークショップで
風になって木々を揺らしたり、
目の前にあるコーヒーカップになってみたり、といった
体を通した、いろんな表現を学びました。
その時間がとてもよく
そして、想真君の動きがなんとも美しく
見入ってしまった(#^.^#)

彼は即興でダンスを踊る人なのですが
即興だとどうしても
踊っているその人の感情がそのまま見えてしまう。
だからふだんは見るのが辛いのです。
でも、想真君のダンスは気持ち悪くならない!

そんな感想を言うと

僕のダンスは
そういうものなんです。
自分の感情を感じて、自分の中の自然を一回ちゃんと受け止めて、
外の自然と調和の中で表現するから。

普通の即興だと、感情がたぶん未消化で
本人が「受け止める」ってとこがないんだと思います。」

自閉症と発達障害を持っている想真くんは
この、ダンスの手法にであって
はじめてひととコミュニケーションをとりたいと
思うようになったのだそうです。

そんな話をしながら、想真くんは父の死から
三年たった今になってようやく
「パワハラで父を追い詰めた大学や上司の先生が憎い」
という感情が、あふれるように出はじめ、
そんな自分が許せず、
極めて情緒不安定になっていた、息子とうもろこしの話を、
一生懸命聞いてくれました。

いままで、わたしがあまりにも怒っていたから
自分の気持ちを、外に出せなかったんだろうな(涙)
ごめんね、とうもろこし。
そしてありがとう、想真君。

わたしたち三人は、もりもりとおいしくご飯を食べ
それから、とうもろこしが弾くギターや
ドラム替わりのクッションを叩く音に合わせて
想真くんはダンスを踊り
なんとも不思議な夜が更けていきました。

想真くんのダンスはこちら↓

http://clip-s.jp/so-ma/clip/detail/79787278


by terasumonnmoku | 2015-03-13 21:00 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku