精神科医療の世界で、いま何が起きているか?

藍の会主催の、精神科医 野田正彰先生の講演会に行ってきました。
「喪の途上にて」「うつに非ず」などの著作でも知られる野田先生には
以前息子とうもろこしが、ものすごい状態だった時に
相談に乗っていただいたことがあるのです。
(先生についての過去記事はこちら↓
http://artandlove.exblog.jp/19226649/)

うつ状態と、鬱病はまったく違うものだというお話に衝撃を受けました。
鬱病は、なぜそれが発症したか、原因の特定ができないものであるのに、

今は、不眠や、過労、人間関係の悩みや、
環境の変化による落ち込みなど、本来の鬱病には当たらない症状で、
依存性の高い精神薬を過剰投与され、結果、廃人にまで追い込まれる人が増えているのだそうです。


凄惨な現状の告発のなかで
ひとは、ひととの関わりの中で成長し、
自らの困難を抱えたまま、それを克服してゆく。
どんな人にも、それだけの力がある。
薬は補助的なものに過ぎない。
本来の精神科医療は、もっとちゃんと人の話を聞き、
人が自ら立ち直る力をサポートするためのものなんだ。
という医師としての信念についてのお話がすばらしかった。

といっても、こう書くと、当たり前のような気もします。
でも現実に、当たり前じゃなくなってしまったのはなぜだろう?
先生によると、1980年頃までは先生のような考え方が主流で
うつ状態に効果も定かではない
強い薬を投与するようなことは、なかったそうです。

薬が売れれば、お金が動く。ということはあるにせよ
問題の本質は、わたしたちが自分自身の<生きる力>を
信じられなくなってきたことにある気がする。

受け入れがたい現状と折り合いをつけたり、病を癒したりするために
わたしたちにもともと備わった内なる力を信じられなくなり、
それを外に求めるようになった。
だからこういうことが起こってきたんじゃないのだろうか。

自分が精神科に行くことを考えたことはありませんが
わたしも息子については危なかった。
単に愛する者が傷つき苦しむのを見たくないだけなのに、
それを、心配や愛だと思い、
自分が彼を信じていないから、とは思っていませんでした。

野田先生に会わなければ危なかった。
(いろいろありますが、いまは元気!出会いに本当に感謝です。)

欲求があればそこに経済活動が生まれる。
残酷ですが当然の事実です。
自分に起きたことを考えてみると、マスコミの広報活動とか、社会の風潮とかいろいろ要因はあっても、
息子を精神科に連れて行こうと一瞬でも思ってしまったことの
背景には、<人間の実存>に対する認識の貧しさがありました。
彼が持ちこたえられると思えなかった。

たぶん、いま薬害で苦しんでいる人のほとんどが
当時のわたしと同じなのではないかと思います。
危機にあるときは、どうしても視野が狭くなる。
怖いし、それを脱出した後の姿を想像することは難しい。

だから、人と関わること。
誰のうちにもある<生きる力>を信じる人の存在が必要です。
それが光の道となり、蜘蛛の糸となって
その先の<生>につながってゆく。

ほんとうは精神科の医師の先生が
それをしてくださると効果倍増なのですが
現実は厳しい。野田先生だけ、ひとにぎりの良心的な医師だけでも大変です、
なんの権威もなくても、わたしは自分がしてもらったように
誰のうちにもある、内なる<生きる力>を
ちゃんと信じて、生きていくひとでいよう。と思いました。

この社会(人間とか人権の話ではなく単にシステムとしての社会です)には、
絶対の真実などない。
ひとつの社会における正しさとは、
そう考える人が何人いるか。
という、人数の問題に過ぎない、とわたしは考えます。
だから、世界を変えるためには、内なる力を信じる人の数を増やすことが
一番の早道だけど、

まあ、なにごともまず自分からなのだ!





by terasumonnmoku | 2015-04-01 21:00 | 精神科医療 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku