22.23 るろうに剣心(京都大火編・伝説の最後編)

22.るろうに剣心-京都大火編    2014年日本 大友啓史 監督 佐藤健 武井咲 139min
23.       伝説の最後編                           135min

前作同様、アクションシーンがめちゃくちゃ面白く、一瞬で見終わった。
殺陣が、会話のようだった。
実際の戦場における、真剣を交えての命のやりとりも
本来そういうものだったのかもしれない。

主人公にして幕末の維新側の暗殺者だった剣心が
心の持ち用でさらに強くなっていく様を見て、
密かに自己探求も剣術の道も
やり方としてはおんなじなのね。
と思ってしまった。

それは茶の湯とか、花道にも言えて、
日本人はどこにでも、
人の生きる道を求めがちな民族なのかもしれない。

しかし、いま人の道を教える人も、
道を問うひとも少なくなっていて
だから、こんなに世の中が混迷しているのかもしれない。

映画はものすごく面白かったけれども、悪役の描き方に
今ひとつ物足りなさを感じ、原作の漫画を読んでみた。
原作での悪者たちはものすごく魅力的で
ただこの魅力を描き切るには、時間が足りなかったのだろう。

原作はまだ続きがあるので
続編を超期待( ^ω^ )

  *今日はくたびれたので、だいぶ前に書いた貯金を使います~!



by terasumonnmoku | 2015-05-14 23:42 | 映画 | Comments(0)