知っておきたい仏像の基本。


「吉祥天女が舞い降りた!」にすっかり感化され
にわか仏教美術ファンになりました。


超ミーハーなわたしは、セブンイレブンで初心者向けのこんな本を見つけて
早速購入~(*ΦωΦ*)

c0195362_18255195.jpg
後ろから読みはじめ、あっという間に全部読み終わりました。

たまに、わたしは後ろから本を読みます。
簡単なやつ。ビジネス本とかスピ系の本を読むときに多い。

情報の詳細が欲しいとき。
著者の使う語彙の深さや重さを測りながら読んでいくのが面倒なので
先に結論を読んじゃう・笑。

<好き>という気持ちだけが入っているこの本は
シンプルでとってもすてき!

仏像を見ているだけでいい気分です♪*゚

薬師寺の聖観世音菩薩立像を見たことで、どこかの回路がつながっちゃったらしく、

聖観世音菩薩立像と、鎌倉の大仏。
そして、本にのっている仏像のなかで、エネルギーがはいっているの
(作った人が高次元につながって作ったもの・降りてきたといってもいい)を眺めているうちに、
びっくりするようなことに気づきました。

それはまるで、インドのサルナートで感じた
ブッダの残存エネルギーを砕いた(細分化した)時に現れる、
一つ一つのかけらのようだったのです。

それぞれに異なった輝きを持つ
でも、ベースは同じ波長帯のエネルギー。
あわせると、とんでもなく巨大になる。
仏陀意識につながる、無限の宇宙。

(ブッダはキリストとも日本の神様とも違います。
とんでもなくざっくり言うと、あったかい金色のお餅的な!
キリストはほのかな桃味のシャーベット展開。
神道はしんとしたさやかな森の朝の空気的ラインナップ。頭の中から目覚めていく。
ああ、石井ゆかりさんの朝の占いのようになってしまった)

わたしは以前から、もう泣きたくなるほどに鎌倉の大仏が好きでした。
でも、波動に限らず
バラバラに現れたものを無作為に並べて比較するのは難しい。
そっくりな大家族でも、そうとわかるのは、
一緒に登場した場合だけ、というのと同じです(๑و•̀Δ•́)و☆
ああ。それにしても感動だ~(꒦ິ⌑꒦ີ)・・

仏陀意識も、キリスト意識と同じようにわたしたちを構成する光のエネルギーの一つ。
だから見ていると、自然と元気になります。
自分を閉じず、
感じる心を大切にし、人の目ではなく、天に従い自分の価値観で人生を生きている限り、
そのパワーは誰でも受け取ることができる。
信仰ってそもそもは、そのためのものだったのでしょう。

仏像が、ますます魅力的に見えてきました~
あなたも身近な仏像に、ぜひ出会ってみてね♪*゚
わたしもすこしづつ、いろんな仏像に会いに行きたいと思います!

(今日の顔文字は、羊のりえちゃんからお借りしましたー!
りえちゃん、ありがとう☆)





by terasumonnmoku | 2015-06-19 21:01 | アート | Comments(0)