ゆみちゃんの写真展と、エネルギー循環装置としての神社。

多賀城Cafe & Dining Jugemu へ、ドリプラチームまえかわの撮影班、ゆみちゃんの写真展「~宇宙ソラ~」を見に行きました!
徳ちゃん、ひろみんともども意見の一致した一押しの作品はこちら↓
c0195362_17400866.jpg
甘く切なく柔らかく、どこまでも広がっていく。
墨絵のような陰影を感じます。
周りの光が反射して写ってしまっているのがとっても残念!

この写真展。9月まで開催中です☆
ごはんもおいしい~
http://hitosara.com/0005035371/

その後は、三人で塩竈神社に神さまを見に行きました
前に来た時もそうだったけど、この神社で写真を撮るとなぜかピンクがかった光が写ります。
肉眼でもそう見えるけど、写真にも写るのがおもしろい( ^ω^ )

c0195362_17523032.jpg

いつもエネルギーばかり見ていて、
モノに目が入らないので、こんなチャーミイな狛犬さんがいるのを
ひろみんに教えられて初めて知りました♪゜・*:.。. .。.:*・♪
かわいすぎる~(T ^ T)

c0195362_17405901.jpg

塩竈神社に来ると、わけもなく元気になります。
御神木を見て、日輪を見て
美しいエネルギーが循環しているのを一身に浴びてきました!

神社って、高次元のエネルギーを下ろすのにものすごくうまく作られた装置だと思う。
神様だけでなく、御神木や御神木が統率する背後の森が
気持ちのいい高い波動を、地が受け取りやすいさまざまな波動に変換しているように思うのです。

でもすべての神社が、こんなふうに機能しているわけではないので
動いている神社はとても貴重です。
明治時代に行われた神社合祀令によって、古くからあるマイナーな神様が統合整理され
森が破壊されたことによって
エネルギーバランスが狂い、高いエネルギーを
うまく下ろすことができなくなってしまったのかもしれない。

わたしたちは元来、目に見えないものから出来ています。
見えないものを侮ると、大変なことになるということを
古来の日本人は知っていたんだろうな。

今日のテーマはピンクのエネルギーでした。
空間が、慈愛に満ちているようだった。








by terasumonnmoku | 2015-07-07 21:05 | Comments(0)

宇宙真理哲学講師、らくがきすと、即興ピアニストぷらす社会活動家(過労自死遺族当事者)働くことから世界を変えるをモットーに、さまざまな活動をしています。合言葉はREBORN.大事なのは、生きることだ!


by terasumonnmoku