骨をゆるめると、気持ちが楽になる。

最近「骨」が、マイブームです。


ストレスフルなことをやるたびに、瞬時に縮み、湾曲する「骨」。


特に肩甲骨の間がひどくて、運動してもなかなかとれない。

オステオパシーなどの整体で、骨と骨の間を緩めてもらうと、
そこに溜め込んでいたいろんなものが出て
一時的に、なかなか複雑な気持ちになります。
そしてやがて、楽になっていくのです。

どうやらそういう体質のひとは、わたしだけではないらしい。


それでも、そうやって、固まる⇒ゆるめる。
を繰り返していくうちに、
からだが、
ストレスを受けても、縮まないようになってくるらしいのです。

骨って、感情の貯金箱みたい。
しかも学習機能付き・笑。
なんてかしこいんだろう(ノ゚ο゚)ノ ~

ストレスを受けても、骨を緩めることで、気持ちが楽になる。
そのうち同じような刺激を受けても
大きなストレスとして感じなくなっていく。
そう言う仕組みになっているみたい!

たぶん、余りにも過敏な反応は
その場で受けた衝撃だけでなく
過去の記憶が一時的に立ち上がって、一緒に来ているように思うので
(まあ、俗に言う「フラッシュバック」ってやつですね)
その<過度の敏感さ>を取っていくだけでも、違うのでしょう。
背骨を緩めるって、肉体版の、ヒプノセラピーみたい( ^ω^ )

というわけで?、本日は<骨ストレッチ>の講習会に行ってきました。

親指と小指で、体の節々を抑えることで、体幹部を動かし
骨を効果的に使うことで、からだを柔らかくする。
という、まさに画期的なこの骨ストレッチ。

やってみると確かにとっても楽で、体が軽い。
しかも使えば使うほど、軽く、楽しくなってゆくのです。

からだの仕組み、って、ほんとにおもしろい!

わたしは野生児だったので
小学校低学年までの頃は、自由時際に体が動きどんな極端な動きでも、
やろうと思えばできたのに、ただからだが大きくなっただけで、
どうしてここまで使えなくなってしまったのか。が、不思議です。

子ども時代は、体育の授業ほど嫌いなものはなく
人に言われたとおりに動くなんて
全く馬鹿げているし、全然意味がわからない。
と思っていた記憶があるんだけど
それって、あながち間違いではなかったんだろうなあ。

自然をどんどん失っていくような教育を受けて
失われた自然を、取り戻す時期が来ているのかな( ^ω^ )


それにしても、この骨ストレッチ、知った顔ばかりでびっくりしました・笑。
みんなで、プチプラのまきちゃんの
うっとり系「本日のコーデ」の写真を撮ったのが一番面白かった!
by terasumonnmoku | 2015-07-12 21:00 | Comments(0)