美術館でWORKSHOP!

ヒツジの理恵ちゃんと、塩釜市杉村惇美術館
http://sugimurajun.shiomo.jp/about
へ行ってきました!

若手アーティスト支援プログラムの一環として
<SAY HELLO ! 展>を開催中の塩釜在住の彫刻家 佐野美里さんの作品を堪能。
おどろくほどかわいく、あたたかい木彫の作品群です。

こんなに近いところに、こんなにいかした作品を作るアーティストがいたなんて
すてきすぎる〜(*ΦωΦ*)

c0195362_22123188.jpg


この犬は、一本の大きな木からできているんですって!


子どもたちに混ざって、塩釜市の文化財にも指定されている美術館講堂で行われた、
木っ端WORKSHOPにも、参加してきました(๑'ᴗ'๑)

美里さんが彫刻を彫る時に出た木の欠片に彩色したものを、
木の箱に詰めてボンドでベタベタ貼っていきます。
1時間が驚く程の速さで過ぎてゆく~

あっという間にこんなにゴージャスな作品が!

c0195362_22125362.jpg


子どもの夏の工作にもいいですね♪゜・*:.。. .。.:*・♪
それにしても、なにかを創るって本当に楽しい( *˘ᵌ˘)♪
美里さんの作品展は、8月いっぱい開催中です。
ぜひ遊びに行ってみてね!

8月8日には、「言語を使わないコミュニケーション」をテーマに
美里さんと、言語聴覚士の方の対談も予定されているそうです。
あまりのかわいさに、思わず作品に抱きついて写真を撮ってしまった・笑。
(写真撮っていいものとダメなものがあるので、ご注意ください)

c0195362_22163391.jpg


ちなみに、このWORKSHOPで使った木の箱や
講堂のオブジェを作ったのは
希望の会のクリスマス企画でもお世話になっている建築家の大林先生!
作品のみならずどこもかしこも、あたたかい空間になっているのには、
きっとそういうこともあるんだろうな。
塩釜市杉村美術館。
企画もいいし、ひともいいし、手作り感満載であったかい。



実は来月8日から一週間、ここのギャラリーで
<空の作品展VOL2>をやります。
フライヤーができたらお知らせするので、そちらも是非よろしくお願いいたしますm(_ _)m
今回は総勢12名!
お尻に火が付いた感じで作品作り~
 

by terasumonnmoku | 2015-08-01 22:11 | アート | Comments(0)

生きる意味が見つからないなら、自分で創って育てちゃおう!というブログです。やっていることはさまざまですが、常に生きることに向かっています。

by terasumonnmoku