夢を叶える。

夢って、なんだろう?
夢を単純に、自分のやりたいことと考えると、これからはじまる空の作品展は、すでに叶ったたくさんの夢のひとつ。

これは、単なる思いつきではなく、
思い立ってから10年の月日が流れている。

結構壮大な構想なのだ。

いろんなことを思いついては、夢のリストに書き込んで、処理済みのタスクにする。
そうすると、実現可能な条件が整った時に
ぱっと滑り出す。
いつも考えてなくても、キャンセルしなければいいみたい。

(ちなみに、今やっている畑は五年くらい。ドリプラ世界大会のプレゼンで語った
だめワークショップは、気がついたらそれに近いものに最近関わるようになったので
思いついたことはどんどん実現している。しかも時間が早くなっている!)

空の作品展についても
その間の十年は、どうしても一緒にやりたい!と思えるような人に会えず
構想自体思い出すことも、あまりなかった。
そしてFBでゆみちゃんの写真を見たときに
ぱっと長年の思いが表に出てきた。

いわば、10年に一人の逸材に巡りあったわけです・笑。

で、この空の作品展についてさらに思うことは
参加する人が、ただ空の写真を一緒に展示する。だけでなく、
ここから、それぞれのうちにある素晴らしさを自由に表現していく、
夏の学校のような場所になればいいなあ。
ということ。

空の作品展のテーマは、空限定だけど
それぞれが羽ばたく舞台のジャンルは問わない。
例えば、るなちゃんのクリスタルや、りえちゃんのあみぐるみや、アクセサリー。
今回初参加のかっすーの映像作品や、みちひろくんのヘアスタイリストとしての世界観を
本来そうである素晴らしい方向に、発展させていく場所にしたい。

だから、参加する人のテクニックや経験値は問わないけど、
ただアートをミッションにして生きていく人。
生きていくためにアートが必要な人に限定したい。

実際、最初に願ったように、去年の作品展開催後、ゆみちゃんは請われて、今年初めて個展を開き、りえちゃんは、まだほそぼそながら、自分のメゾンを運営している。

アートとして自己表現するって、やってみると意外とハード。
だけど、とてもすてきなことで
そこには、喜びも悲しみも、怒りも希望も
そのひとの<生きる>事の全てが含まれる。

なにもないところから、いきなり始めるのは大変なので、そのためにもまた、空の作品展ができることを、とても幸せに思う。

ただ、ものすごくいろんなことを考えている割に、わたしが、すべてを認識し、みんなにシェアしながら動いているわけではないので
説明不足で、度々迷惑をかける。
ごめんね(T ^ T)そしてこれからもよろしくお願いします!

規模にもよるけど、夢を叶えるのは別に難しいことじゃない。
できるまで、やめなければいいだけ。
すごく単純。

それが自分だけじゃなく、全体の利益に結びつくことなら、
かならず実現する(๑'ᴗ'๑)

あなたの夢は、なんですか?






by terasumonnmoku | 2015-08-23 21:00 | Comments(0)