シンポジウムのお知らせ・自死遺族の現実(いま)~こんな問題で悩んでいませんか?

http://doihouritu.blog.so-net.ne.jp/2015-08-23
<仙台市中一自殺事件で、転校だと偽った件で、学校を責める前に考えていただきたいことは、自死遺族が置かれている現状です。>

希望の会でお世話になっている、弁護士の先生のブログです。

ここまで見てくださる方が増えると
世の中は随分良いところになるのではないかと思います。

断罪し合うのは簡単で、
なにかしたような気になるのかもしれませんが、
それでは自死はなくならない。

当事者の一人として自死の問題を考えるたびに、
生きることの深さや
人という存在の計り知れなさを
思い知らされます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という内容の投稿をFBにしたところ、
たくさんの「いいね」がついて、驚きました。
FBって、当たり障りなかったり、家族ネタとかリア充的な記事の方が人気があるので
ハードな内容の投稿って反響が少ない。
これは意外でした。
しかも、お友達になっていない人、共通の友達が一人もいない人がたくさんいらっしゃって、
びっくり!

この先生の記事はとても良いと思うので、ぜひ読んでみてね。
自死遺族の置かれた現状は、先生のおっしゃるとおりで
本当に過酷です。

この件について、
9月6日(日)13時半から仙台市医師会館にて

宮城県自死遺族支援連絡会 シンポジウム 自死遺族の現実(いま) ~こんな問題で悩んでいませんか~ 
というテーマで、シンポジウムが行われます。
http://jishiizoku.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-b88f.html
事前申し込み不要、参加費無料ですので、
関心をお持ちの方はぜひ、ご来場ください。

希望の会を応援してくださっている、ブログの土井先生、全国自死遺族連絡会の田中さん
いのちの電話や精神福祉センターのみなさまおよび、仙台グリーフケア研究会の理事長と一緒に
わたしもパネリストとして登壇します。

このブログもそうですが、ポジティブな内容と、ハードな内容を織り交ぜ、
しかも息子の顔写真以外は全部全公開で書く。
ということを意図的にしています。

両方あっていまのわたしが成立しているから、ということもあるけど、
日頃の活動で、壮絶な方の人生に四六時中接していると、
程度の差こそあれ、ひとの抱えるものって
そんなに変わらないのではないかと思う。


でも、このブログを読んでくださるかたが
日によって違う傾向と内容を受け取るのは
なかなか困難なのではないでしょうか。

いつもお付き合いいただけることに
心から感謝しています。










by terasumonnmoku | 2015-08-24 21:00 | イベント | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku
カレンダー