テクニックを重視すると、本質は失われるらしい。

こんばんは!
居間中絵だらけの
てらすもんもくです(๑'ᴗ'๑)

朝とうもろこしが、
「おれ、母さんの描く絵は大体好きなんだけど
一枚だけ、小学生みたいな絵があるね」
というので

どれ?
と聞いてみたら、
それは意外にも形的に一番絵っぽい!
と自画自賛の一枚。
参考書「水彩スケッチのこほん」をそのまま踏襲した
なんの変哲もない風景画でした・笑。

大体好きと言われたのは
わたしにしか見えないビジョンを四苦八苦しながら描いた絵で
絵としては、わけがわからないもの。
なのに、それはいいらしい。

とうもろこしに小学生の絵と言われた作品は、
友達のかなちゃんにも、不審がられました。
見せたときに、これを一番最初に描いたの?と言われたので、
傍から見ると、よほどへたらしい・笑。
わたしにはうまいのに・笑。

というわけで、テクニックに流れると本質は失われるらしい。

でもおもしろいので、小学生の絵は記念に取っておくか
自分バージョンに上書きしちゃうか
考え中です。

というわけで、芸術の秋。
わが家では、文化祭で二つのバンドかけもちライブをやるとうもろこしの
必死のギター音が鳴り響き、

作品展まで間がないわたしの撒き散らす
床の絵の具のシミが
毎日量産されています。

絵を描くと変なところが疲れるし
思い通りに描けなくてげっそりすることも多いので
強制しない限り
こんなには描かないに違いない。

そう思うと、つきあってくださるみなさまに
感謝の気持ちがいっぱいです(๑'ᴗ'๑)
たくさんたくさん、ありがとう。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

by terasumonnmoku | 2015-08-27 21:04 | Comments(0)