満月

今日は満月。
激しい満月ですねえ。
ここからさらにスピードが増していくのでしょうが
走り初めって、大変なんだろうなあ。

国会周辺も、数万人規模の大規模デモだし(ニュースに出てるのかな?12万人とか)、
わたしのまわりも、盛り上がっています。
抱えていた問題が表面化して
あらわになっていく。

ものごとを善悪という二つの目で見ると
いいことと悪いことが同時に、うねりを持って迫ってくるような気がして
どうしていいか、わからなくなります。

でも、生きるということは
二つのエネルギーを統合して、別の世界に向かうこと。
変化すること。第三の波動を作り出すなど、言い方は様々ですが。

<ひとが生きる>こと自体が
宇宙という神に捧げる祭祀のようなものかもしれない。

生きることの聖性の前には、年齢も、性別も、関係ありません。
どんなひとも、自らの聖性に向き合わずにはいられない。
激しいほどに。
今のような大きなエネルギーのうねりの中では特に、
個人の中で否定され続けた聖性が、より深い愛の表れをもとめて、
時として極めて困難な状況を作り出してしまうことがある。

いかにもまずい状況なのに、あまりにもきつくて動けなくなってしまうことも。
それはそれでしょうがないんだと思う。

そばにいても、なにもできない。
手段は提示できても、
本人が動けなければ、どんなサポートも何の役にも立ちません。

そういう時は、現実的にできることを全部したのちに、祈ること。
いわば人事を尽くして天命を待つことが必要です。
そのひとのなかで、必要な時が満ちるまで。

待っている時間は辛いけど満ちた時に起きる変化は
涙が出るほど美しい。

祈るだけでも、動くだけでも足りない。
でもその両方と、タイミングが揃うと、すごい力になる。
宇宙は、そんな仕組みになっています。

だいじょうぶ。
そこに光がある。


c0195362_18520546.jpg









by terasumonnmoku | 2015-08-30 21:00 | Comments(0)

宇宙真理哲学講師、らくがきすと、即興ピアニストぷらす社会活動家(過労自死遺族当事者)働くことから世界を変えるをモットーに、さまざまな活動をしています。合言葉はREBORN.大事なのは、生きることだ!


by terasumonnmoku