残酷な世界で、愛が輝く。

去年、ドリプラ世界大会で一緒だったるいるいが、
今年のサポドリ(サポーターズドリプラ。福祉関係のドリプラ)で
感動大賞を受賞しました。

うれしい(T ^ T)
泣くほど嬉しい(T ^ T)

いつも真ん中に「生きていこう」という文字入りの、
鯉のぼりを加工した服を着ていた、るいるい。

強烈なドリプラ関係者の中でもダントツに目立ち、
性犯罪の被害者でそこから20年精神を病み
性犯罪をなくす活動をしているという経歴も相まって
印象深い女の子。

会った時はお互いにまだ痛々しさが残っていて
とても複雑な気持ちになりました。

夫の過労自死という現実は、ほかならぬ自分の大切な家族に起こったことだから、
それがどんなに辛くても悲しくても、わたしは全部受け入れるけど、
もし自分がるいるいと同じ立場だったら、その相手を許せるんだろうか?
ある意味、殺すよりひどい、その行為を。

答えがでない。

ただ思うのは、人生においてはその人にとって最も大事で、最も価値が有るものが、
損なわれる場合がよくある。ということ。

わたしに起きた事件が、ほかの災難だったとしたら
凹むだけで、立ち上がってなにかしようとは思わなかった。

るいるいにとっても、そうだったんじゃないかと思う。

一生懸命わたしのプレゼンを聞いて
「たまちゃんは、ほんとうは、ご主人に生きていて欲しかったっていいたいんでしょう?」
と真顔で言ってくれたるいるい。

(でも違ったので、言わなかった。もちろん生きていて欲しかったけど
死んでしまった人にそれを言っても、酷なだけだから。
今思うとあれは、夫のためにしたプレゼンで、なんというか、わたしはそこで、
夫の死を嘆くのではなく、彼の生に、感謝できるようになりたかったのだと思う)

フラッシュバック的な悲しい出来事が重なって
ある日るいるいはどうしようもなく死にたくなり、
でもなんとしても、生きることを選択したくて
ビルの屋上からFBの投稿欄に、

「ここに電話して
生きていて欲しいとわたしに言ってください。
ほかの言葉はいらないから、ただそれだけ言って。」
と書き込んだ。

るいるいに電話したら、とても喜んでくれて
そんな状況なのに、逆にわたしを気遣ってくれた。

SOSを出せるって、かっこいい。

るいるいのプレゼンの内容は
障害者の性。
性を、生命が育まれる大切な行為として
とらえなおしたような内容だったんだと思う。

るいるいが生きてくれているおかげで
これから、どれほどたくさんのひとが救われていくんだろう。

生きるって壮絶で
だけど、だからこそすばらしい。


いつか、るいるいのプレゼンが見られたらうれしいな。

おめでとう、るいるい(๑'ᴗ'๑)

生きていてくれて、ほんとうにありがとう。


by terasumonnmoku | 2015-09-26 23:29 | Comments(0)