Heaven helps those who help themselves

わたしたちは、容貌も、家族も、体質も、人生における学びも
大まかなところはすべて、生まれる前に、自分が選択して生まれてきている。
というのが、わたしたちの学んでいる真理の考え方です。

スピリチュアル的にもよく言われることですが
しかし、この前提には
人が肉体を超えた存在であることを
その人が信じられるかどうか。
という付帯条件がつく。

信じていない人には、この感覚は通用しないし
こういうことを言われるのは残酷でしょう。
でも、そうでも思わない限り承服できないほど
いまこの世界で起きていることが、矛盾や混乱に満ちていることは事実です。

わたしは魂の存在も、それが永遠であることも、
無条件に信じています。
実際に感じるというのは大きい。
そして、わたしたちがそもそもが「ひとつ」であることを
確信しているので
真理の前提を素直に受け入れていますが
それでも例えば自分の容貌が気に入らなかったり
厳しすぎる学びが受け入れ難かったりすることがあります。

今日も二年がかりくらい受けている複雑にして深刻、
かつ巨大な規模に発展する可能性のある
かなりひどい労働問題の相談の件で駆けずり回っていましたが
そうしたことを前にすると
サポートする立場であってもふと、
現象のあまりにハードな表れに引きずられそうになります。

でも、そんな場合でも、信じるのは魂の奥の輝きで
そのひとが窮地を脱するために最も必要なのは
存在に対する無条件の信頼なのだということを、
わたしは夫の件で嫌というほど思い知りました。

いま、渦中にある困難に対して、ともにそばにいる人に心配や恐怖で向き合われることほど、
迷惑なことはありません。
だからといって、見てみないふりをするのは問題外です。

最悪の場合に備えて、最善の方法を考え、現実的に打てる手を打ち、
やることを全部やった上で
いのちの本質を信頼し、安心していること。
そして、そこに絡むすべての魂の成長を願い、祈ること。

どんなに願ってもただ思っているだけでは、力は発動しない。
思いの力は、現実的な枠組みをつくることで、はじめて効力を発揮するのです。
人の助けも、天からのサポートも
本人が自分の意志で自らを救おうとした時に
初めて動き始めます。

小さな一歩で構わない。
自分のために動いて欲しい。
あなたは、それだけの価値のある存在なのだから。


c0195362_19070003.jpg

勇気を出して自分の一歩を踏み出した人を
わたしは全力で支えます。
大した力はないけど、
使えるものは全て使います。
ひとりのひとがいかに大きく、大切な存在であるか
身を持って知っているから。

どんなひとにも、無限の可能性がある。
自分の力で大きなダメージを脱出した人なら
なおさらです。

そのひとの明日が、日本の、世界の、次世代を生きる子供たちの
新しい未来になる。
本気でそう信じています。

未来は、ただのひとである、ひとりひとりのわたしたちが作っていくのです。


by terasumonnmoku | 2015-10-19 18:56 | Comments(0)

宇宙真理哲学講師、らくがきすと、即興ピアニストぷらす社会活動家(過労自死遺族当事者)働くことから世界を変えるをモットーに、さまざまな活動をしています。合言葉はREBORN.大事なのは、生きることだ!


by terasumonnmoku