大きな問題に発展する前に、ひとりひとりができること(ギャンブル依存症「怒りの人生相談」について)

*ハードな内容にも関わらず反響が大きかったので、FBから転載しました。

どんなひとでも、そのひとがそうであるには必ず理由があり
止めたいと思っていても止まらないのが
依存症です。
家族もそうですが、ご本人が一番つらいのだと思います。


ただ、病気だからしょうがないというのもまた違っていて
知る限りでは現在のところ医学的に効果的な治療法はなく、
治すのも治るのも本人にしかできません。


本人と家族の立ち上がる力をいかに引き出し
サポートするかというのが、本来の支援のあり方なのだと思います。





c0195362_23142875.jpg


以下本文


「怒りの人生相談」
http://officerico.co.jp/blog/?p=3051



過重労働やパワハラの結果、
こういう問題に発展したケースに、あったことがあります。




誰でも混乱した状況にあると、当たり前のことが受け取りにくくなります。
間近にいる家族もともにダメージを受け、
必死に、問題に対処しようとするために、
感情が絡まって、さらにことが複雑になります。



実際このようなケースに携わってみて、本人や家族と専門家を繋ぐ
「通訳」のような存在の必要性を痛感しましました。

そういうひとが、たくさん増えてくるとうれしい。




必要な場所に一緒に行く。
連絡があった時に冷静に返事をし、ただそばにいる。

それを続けることしかできませんが、
中間の人が増えるだけで、かなりのひとが
救われてゆくように思います。





ただ、実際関わってみて、一つの家族の問題だけでも
数年~十数年以上の時間がかかることを思うと、
一番いいのは症状が現れる前、
まだ本人がおかしいなと思っている段階で
気づくこと。



おかしいと感じることには、
必ず理由がある。




そのときに、たとえば環境を変える。
生き方や、行動や、考え方を変える、
違和感を持つご自身を責めるのではなく、まず人に話してみる。
など対策を練り、




健康の問題に置き換えると、
体質そのものを改善していくようなことができれば、
決してこのような大きな問題に発展することはなく
逆に<新しい可能性の扉>が開けたりします。



どうか、小さな違和感を大事にしてくださいね(๑'ᴗ'๑)




だってあなたは、世界でたった一人の、
かけがえのない大切な存在なのですから!


by terasumonnmoku | 2015-10-26 23:06 | Comments(0)

生きる意味が見つからないなら、自分で創って育てちゃおう!というブログです。やっていることはさまざまですが、常に生きることに向かっています。

by terasumonnmoku