直球を無邪気に投げ続ける。

今日は4時起きして、とうもろこしにごはんをつくり
三年ぶりに宮城野倫理法人会の<モーニングセミナー>
に行ってきました。

法人の経営者が「倫理」という、
心の使い方を学ぶ全国組織の会で
朝の勉強会や
早朝からの街の清掃活動など
様々な取り組みをしています。

過労死防止シンポジウムの宣伝をさせてね。と
友人の千鶴ちゃんにお願いして実現しました(๑'ᴗ'๑)
経営者の方が多いこの会で
わたしは三年前、「過労死防止法」の署名活動を
させていただいたことがあるのです。
(これってよく考えたらすごいことで、感謝なのです)

講師は なおコンサルティング代表
三年ぶりの再会の
なおちゃん!テーマはモバイル時代の集客術で、
まさにシンポジウム集客苦戦中の、わたしにぴったり(T ^ T)
実に楽しいお話でした(T ^ T)


c0195362_21571318.jpg
セミナー後シンポジウムの宣伝をしていたら、
ある会社の社長さんにまたもや、
「おれが過労死しそうだ」
と言われました。
(冗談ではなく、これ、ほんとうによくあります。社長自らこうだったら社員はもっとつらいよ・怒)

せっかくなので、
「ほんとに死にますから。ちゃんと考えてください。
人は生ものなんです。」
と、目をまじまじ覗き込んでお話しました。

前はこういうこと、したくてもできなかったんだけど
どこかで、悟りが開けちゃったようで

「自分が過労死しそう」という人に会うたび
「ほんとに死にますから」
と、ぐいぐい行けるようになりました。

これをやるとだいたいの方が、絶句されます。
ちなみに、こういうことは<無邪気に>言うのがコツ。

なぜかというと少しでも邪気が入ると
言葉がその方の胸に突き刺さり
やってる自分が同時に苦しくなる。のと
人を脅して、ものごとがいい方向に行くことはないからです。

わたしはみなさまに、ご家族や周りの方々と
人生を楽しみ、心豊かに生きて欲しいのであって
ひとを恐喝したいのではありません。
それに、無邪気に言っても、充分怖いです。


でも、時短しても経営は大丈夫って言えたら、もっといいな。

わたしがコンサルティングまでする必要はないと思うのですが、(大変そうだし)
ただそこにつなぐだけで、
ぐっとみんなが楽になり、効果があがりそうです。

同時に、その辺のアウトラインをざっくり教えて貰えそうな人も
思いついたので、
いつも心の中に持っている
長期計画の<やりたいことリスト>のなかに、さっそく書き入れました(๑'ᴗ'๑)

難しい時代だからこそ、つながりを大事に、働く人も、事業を経営される方も、
みんなで命を大切にしていきたいと、切に祈ります。

そこから、新しいなにかがはじまるのだと
わたしは本気で信じているのです(๑•̀ㅂ•́)و✧

その後は、前もって労務管理課の方に話をつけていた
東北大学片平キャンパスへ。


c0195362_21553687.jpg

過労死防止シンポジウムのチラシを大学に置いていただけることになったので
そのお願いに上がりました。
(ちなみにこれにも段階があって、先に総長との面談の約束ができていたのを
盾に取りました。微妙な問題が絡む場合、トップから行かないと下の人は困ります。
ほんとうは一気にやりたかったんだけど、面談は面談で約束を取り付けるだけで結構無理やりでした・笑)

担当の方が、シンポジウムや東北希望の会のHPも見てくださったそうで
うれしくなってしまった。


エクステンション・センター、北門会館、本部入り口の三ヶ所に設置されるそうです。

見てね(誰に言っているんだ・笑)!







by terasumonnmoku | 2015-10-30 21:53 | Comments(0)