「夢むすび〜愛あるごはんのつくり方」

三連休中日の今日は、
ちゃぶ台を担いで世界を回る、あさみちゃんのお話つきの初めての企画。
「夢むすび〜愛あるごはんのつくり方」に参加しました(^_^)

ちゃぶ台を担いで、おむすびをむすびながら
富士山頂から東京ヒッチハイクなど
縦横無尽の大活躍のあさみちゃん。
でも、彼女は抜群の行動力をまったくひけらかすことなく
イベントではいつも黒子のように、黙って動き回っていたのです。

いろいろなしがらみに絡みつかれ
やりたいことができずにいる人が多い中で、
あさみちゃんのあり方は、どんなにか大勢のひとに、勇気を与えるだろう。
わたしは知り合った当初から(2年前くらい)そう思っていて
このお話会のようなものが実現することを、ずっと待っていました♪゜

あさみちゃんの食に対する深い思い。
ちゃぶ台を担ぎ、ご主人とみくんや仲間たちと一緒に富士山に登った
「富士夢祭り」の映像の上映会。


「富士夢まつり」が、江戸時代の人々が、夢を叶えるために七夕に願い事を書いて
富士山に登ったお祭りの再現だったとは知りませんでした。
西は九州から富士山へ。
東は青森から富士山へ。

たくさんの人の夢が描かれたこんな感じの「夢ハンカチ」をぎっしり詰めたお神輿を担いで
あさみちゃんたちは歩き続けます。

c0195362_23370784.jpg


2ヶ月かけて、一日40キロ近くを歩き、道端でちゃぶ台を広げご飯を食べ
車やテントで寝て、
生きている人だけでなく、知覧の散っていった青年たちの夢も載せて
富士山へ向かうのです。

青森からスタートした青富士チームだった冨くんに、
山の上で、九州から来た赤富士チームと出会ったとき
どんな気持ちだった?
と聞くと
「ぐわーっと!もう何とも言えない気持ちでした」

という答えが返ってきました。
そうなんだろうなあ。
その気持ちは、その距離を歩いてやったひとにしかわからない。
でもそれがどんなに大きな感動だったのかは、伝わってきます(๑'ᴗ'๑)

映像を感動とともに見たあとで
みんなでおむすびを結んで食べました。
結んだ人によって、味が全然違うのがまた、たまらなくおもしろい。

みんなで結んだおにぎりの味を通して紡がれる、
あたたかなひとときです。
おむすびを前にして記念撮影~!
なんだか大家族みたい・笑


c0195362_23385585.jpg


いい夫婦の日の今日は、折しもあさみちゃんと、とみくんの三回目の結婚記念日でした!
ほんとうに、おめでとう!!!!


c0195362_23375051.jpg

こんなふうにして、二人の夢から、世界中にたくさんの愛と幸せが広がって行きますように☆


by terasumonnmoku | 2015-11-22 23:35 | Comments(0)