ほれぼれするほどひどい

こんばんは(๑'ᴗ'๑)
薄皮を剥ぐように咳が減っているてらすもんもくです。

みなさん、体調はいかがですか?
とうもろこしの家庭教師のたいしくんは
どうやら熱を出したそうで
ほかにもちらほら、体調を崩している人がいるらしく
どうやら風邪が流行っているみたい。

なんとなく世界情勢がきな臭くなっているあたり
もしかして地球規模で浄化が進んでいるのかもしれません・笑。
てなことはどっちでもよいのですが、
今日もここに行ってきました( *˘ᵌ˘)♪

c0195362_23333549.jpg

込み入った話をする時に、よく使っていますが
している話の内容に、だいたい全くそぐわないところが
大変気に入っています。
黄色いゴムのアヒルが
大量にいる☆

c0195362_23343113.jpg

今日の結論は
「<ふつう>という概念は幻想であり、誰の人生にも、不条理なことは起きる。」
ということでしたー。
(なんのこっちゃ)

ところで今日も話したのですが
わたしは日頃の活動でまわりのひとから
政治はこう動いている!
世の中はこう変わっている!
ような話を聞くことが多く
また、そういう話を聞くのが大好きで、
思わず夢中で聴き続けてしまうのですが、

それによると国民に対する政治(一部の政治家)プラス産業界の意図というのは
もう惚れ惚れするほど、ひどいのです。
そこまでやるか。
という感じなのです。

拳を握り締めて反対するというより
もう敬服するというのに近い。

それは例えて言えば
10代の悩める女子を誘惑する
歓楽街での風俗のおにいさんと
警察の熱意の違い。のようなものにちかい。

そりゃ、10代の悩める女子を
風俗にいれちゃいけないでしょう。
でもセーフティネットの機能より
勧誘の風俗のお兄さんの熱意の方が
ずっと優っていることには間違いない。

わたしたちの生活環境の変化の下地にも
同じようなものがあります。

そこまで、ちゃんとした意志の下に行われていることに
ひとつひとつ反対していてももうしょうがないところまで
きているのかもしれない。
お役所とか、会社とか、ひとの善意とかを頼っている場合ではない。
誰でも自分のことは自分で考えて
自分で判断し選択しながら、
決めていかなくてはいけない時代が来ているのです。

そういうハードな時期だからこそ、寸暇を惜しんで
一緒にいられる人たちと
いまを楽しんで生きていきたいですね♪゜・*:.。. .。.:*・

c0195362_23352097.jpg

お風呂の中から響き渡る
とうもろこしのオペラ風の歌声を聴きながら
そんなことをしみじみと考えました。

時代の節目って、いつもこんな感じで
きっとそんななかでわたしたちの先輩も
めいっぱいそんなふうに、いのちをつなぎながら
生きてきたんだろうなあ。

ところでさいごの写真は、おにぎりで地球を結ぶ麻美ちゃん作の
さつまいもだんご、のみなさんです(๑'ᴗ'๑)





by terasumonnmoku | 2015-12-08 23:32 | Comments(0)