SAWA'S CAFE 創造プロジェクト

こんばんは!
まだ大掃除もせず、好きなことばかりしているてらすもんもくです(๑'ᴗ'๑)

今日はいつもお世話になっているSAWA'S CAFEへ
勝手に応援隊活動をしに行ってきました。

SAWA'S CAFE 存続の危機、ということで
ここの持続化プロジェクトのお手伝いをしに来たのです。

そもそもが、行き場のないひとの<おはなしどころ>として作られたこのカフェ。

母体は店主さわさんが一人で設立したNPO法人ですが
特に助成金も受けておらず
そもそも助成金の対象外である、一般的でニッチな人
普通に暮らしながら自分の場所がないと感じる人ーが対象だったため
申請もままならず

さりとて、本来の「おはなしどころ」「繋がりを作る場」としての機能を大切に思うあまり
営利目的に突っ走ることもできずに
人と人との間につながりをつくり
できることからこの世界をよくしていく、可能性を追求して2年。

さわさんはこのカフェに、莫大な額の(公認会計士の仕事をして貯めた)個人資産をつぎ込み
現在に至っています。
その額、小さな家一軒分(ノ゚ο゚)ノ ~

その2年の間に、カフェにはちゃくちゃくとファンがつき
ここで得られたつながりに支えられ、新しい自分を発見する人が増えてきました。
無冥さんも、わたしも、クリスマス会でお世話になったひでたろうさんも
同じSAWA'S CAFE 仲間です。

しかし経営が黒字に展開するまでには至らず
来年の夏頃には、資金が尽きる土壇場です。
そのぎりぎりのいま、突然立ち上がったこのプロジェクトには
全国からたくさんの声援が送られています。

SAWA’S CAFEは、あらゆる立場、あらゆるコンディションのひとが
繋がり合い、そこから力を得て
自分を変えてゆく可能性を秘めた、大変貴重な場所です。

暗いニュースに胸を痛め「誰も孤独にしたくない」と涙ぐんだり、
感傷的な気持ちになる人は大勢いるでしょう。

けれど、そのために、自分の人生をかけ
私財をなげうって実際に行動できてしまう人が
一体どのくらい、この世に存在するだろう。
そう思うと、店主さわさんの愚直なほどのかっこよさに、泣けてくるのです。

宣伝したい。
宣伝して歩きたい。
こんなにすてきなひとがいるんだよと
大きな声で叫びたい。
(言いまくってますが)

先日閉鎖したリバ邸仙台もそういう場所で
とうもろこしともども応援していたのですが
リバ邸の場合、話を聞いた時点でもう事態がかなりのところまで進んでおり
すでに打てる手段がなく
大変悲しい思いをしました。

SAWA’S CAFEの場合はまだ時間的猶予が何ヶ月かあるということと
借財の負担がないということで
まだ可能性を探ることができる。

それはほんとうに、ありがたいことだと思います。
わたしにできることは、とっても少ないのですが
ほんのちょっぴりでも、できることがあることが、うれしい。

後考えられるのは、収益を上げる事業を立ち上げるヒントみたいなものだと思うので
そういう知識のある人につなげていけたらいいなと思っています。

イベントに参加する。イベントを開催する。ランチを食べに行く。
持続化プロジェクトに参加する。寄付をする。
特定のプロジェクト(クラウドファンディング部門など)のお手伝いをする。
などなど、さまざまな支援、さまざまな関わりをもつことが可能です。

もしこれを読んでくださる方で
支援に興味がある方がいらっしゃいましたら。
ぜひ、応援よろしくお願い申し上げます(๑'ᴗ'๑)

HPはこちら↓
http://sawascafe.com/

写真はSAWA'S CAFE のもようと
一緒に SAWA'S CAFE 応援隊員をやっている、友達のゆかぽんです。
今日は、実はゆかぽんはいなかったのですが
余りにもいい笑顔だったのと、ほかにカフェの概要がわかる写真がなかったので
こっそり載せてしまいました(๑'ᴗ'๑)
ゆかぽん!ありがとう!!!!!
ここにくると、みんながこんな笑顔になります(笑・たぶん!)

c0195362_22181055.jpg


by terasumonnmoku | 2015-12-29 22:16 | SAWA'S CAFE | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku
カレンダー