今この瞬間の、かたちを超えた、そのひと本来の美しさを撮る。

今日は写真家 Nakanoya kasumi さんの、ぶつぶつセッションでした(๑'ᴗ'๑)

クリスマス記事http://artandlove.exblog.jp/25104764/
でも書いた、モデルのまきちゃんのご主人です。
胸に染みるようなとっても素敵な写真を撮る方なのです。↓(モデルはもちろんまきちゃんです♪)


c0195362_23235984.jpg

文章も、いい!
全ての人が必ず持っている、そのひとだけのほんとうの「美しさ」を
写真という媒体を使って全力で表現したい。
という気持ちが、切々と伝わって来ます。

でも、ご自身は「作文は苦手」という幼い頃からのトラウマがあったそう。
自分の心に正直で、ピュアな感覚の方に
とっても多いこの感覚。
学校教育の弊害としか思えない。

何も感じなければ、何も書けないのがほんとうだろうに
わたしたちは幼い頃から、小器用に嘘をつくことを奨励されて育ちます。
わたし自身は理系がダメな分、国語も作文も得意でしたが、
小学生の段階で
テストで点を取るためには、出題した人の思考回路に沿って回答を書かなければならない。
ということに気づきました。
「自分」を脇に避けて、作文や回答を作っていたのです。
そんなんで、本当の思考力が育つはずがありません。

感情にも感覚にも
もともと名前は付いていない。
それを状況ごとに決まりごとを作って
<こう感じるのが普通です>
と、押し付けられることの、なんて不自然なことでしょう!

かっす~(かすみさんなので)の場合は、言葉で表すことが難しい分
写真だからこそできる表現でもあったわけですが、
仕事として提示する場合は、言葉も大切です。

特にまだ一般には表現できる人が少なく、浸透していない
研ぎ澄まされたピュアな感覚を、<ことば>としてひとつに伝わる形で提示するには
ある種の技術が必要です。
そういうわけで、今日はその作業のお手伝い(๑'ᴗ'๑)

一度形が出来てしまえば、ビジネスとして成り立つように発展させるスキルのある人は
たくさんいます。
一等最初の、オリジナルな形を一緒に考えるお仕事が本当に楽しい。
お仕事用の文章は、いずれ、ネットにアップされると思うので
できあがりを、ぜひぜひ楽しみにしていてくださいね♪゜・*:.。. .。.:*・♪

かっす~には他にも、
その人の本質のすてきさを、よりわかりやすく表現できる撮影の場を選ぶ。
という独自で稀有の才能があって、
そこが最大の特色でもあるのですが、

今回一緒に、誰にどんなシチュエーションがふさわしいか。
という話をしていて
わたしもかねてからそう思い、おどろくほどぴったりで、
けれど、ご本人も周りの誰も思いつかなかったそのひとの<すてき>を引き出す
場の設定のアイディアを聞いたとき
もう、うれしくてうれしくて、
泣きそうになりました。

そうそうそうそうと、100回くらいうなづいて
泣きそうなくらい、感動してしまった。
がんばってがんばって、自分を防御してきたそのひとが
鎧を脱いで自分自身になったとき
そこにどんな輝きが見えるんだろう。
と想像しただけで涙が出ます。

やっぱり、かっす~すごいなあ!
そしてそこに、ちょっぴりでも関わることのできる自分を
とってもありがたく思うのです。
だってそのひとの本来の輝きは、そこで終わることなく
その人の仕事を通して、どこまでも、どこまでも影響がひろがっていくはずだから(´;ω;`)

モデルのまきちゃんのブログはこちら
http://ameblo.jp/makichanne/

そんな最高な今日のおわりに、
息子とうもろこしが、
かねてオリジナル曲「心と体」で応募していた
SONY ぼっちコンテスト
一次審査通過!のお手紙が届きました\( 'ω')/

まだ一次だけど、この経験は
結果がどうなっても彼の音楽にとって、大きな成長のチャンスになるに違いありません。
みなさま。こちらも、応援よろしくお願いします!!!!!!



by terasumonnmoku | 2016-01-09 23:56 | Comments(0)

宇宙真理哲学講師、らくがきすと、即興ピアニストぷらす社会活動家(過労自死遺族当事者)働くことから世界を変えるをモットーに、さまざまな活動をしています。合言葉はREBORN.大事なのは、生きることだ!


by terasumonnmoku