荒町商店街の苦難。

久しぶりに、荒町のフットサロン とう に行ってきました(^_^)
このお店には、わたしの「足を揉まれながら悶絶するひと」の絵が置いてあるのですが。
この絵のひとさなが、久々に泣きながら施術を受けました(T ^ T)

痛かった(T ^ T)

衝撃的だったのが、以前は賑やかだった荒町商店街が、別の街のように閑散としていたこと。
地下鉄東西線ができ、バスが減った影響なのだそうです。

交通機関ができると、
ひとの流れが変わるんですね。
でもとりあえず、お気に入りの文具屋さん、80代のこうごろうさんはお元気そうで、安心(^_^)
珍百景にも選ばれた、店の張り紙も健在です。

街も国も、生き物のように変化しています。
変化に逆行するのではなく
どんどんあたらしく、はじまっていきたい。

とりあえず、ハードなことを必死に頑張って
残りの時間は倒れている。
という生活をやめて、
自分の本当にやりたいことを、ちゃんとできるようになりたい♡

勉強も、ピアノの練習も、絵を描くことも
すごく時間を使うので
時間の配分を上手にしないと、あっという間に一日が終わってしまいます。

SNSを見る時間を減らさないとなあ・笑。

やりたいことをやるために、なにをやらないかを
まず決めて行こう( ・ᴗ・)


c0195362_19104163.jpeg

荒町商店がが、賑わいを取り戻す妙案が、浮かびますように。

c0195362_19112561.jpeg



by terasumonnmoku | 2016-03-26 21:01 | Comments(0)

宇宙真理哲学講師、らくがきすと、即興ピアニストぷらす社会活動家(過労自死遺族当事者)働くことから世界を変えるをモットーに、さまざまな活動をしています。合言葉はREBORN.大事なのは、生きることだ!


by terasumonnmoku