作品製造100本化計画再開か?

セラピスト仲間(先生は違いますが)で、みやぎの萩ネットワーク仲間、
高校生の子どものお母さんで自死遺族同士という、様々な共通点を持つ
琴似ちゃんとデートしてきました。

(琴似ちゃんはお嬢さんを自死で亡くされた後に生き方を変え、スピリチュアルに目覚めそうなので
夫が亡くなった当時セラピストになって7年が経ち、既にたくさんの相談を受けていた
わたしとは立場が違っています。本人としては痛いところですが、そこは厳粛に受け止めたいと思っています。
その問題に対する現在の考え方については、また日を改めて。
琴似ちゃんのブログはこちら
http://ameblo.jp/blue-ocean5/entry-11775215984.html
もしも、自死遺族ということでこのブログにたどり着いた方がいらっしゃいましたら、
ぜひ遊びに行ってみてください!きっとなにかのヒントになると思います(๑'ᴗ'๑))

いろんな方向で琴似ちゃんと盛り上がっているうちに、
二人とも文章を書くのが好き、
という共通点まで発覚!
わたしは、以前物書きを目指していたことがあって
作品製造100本化計画を遂行していたのです。

それは、本気で書いたシナリオ、童話、小説などを
この人生が終わるまでに100個書く。
書いたものはかならず何かに投稿する。
というもので、
確か38本書いたところで、夫の変調があり、それから本を読むことも
まともな作品を書く事も出来なくなり、途中で頓挫してしていたのですが
数年ぶりに書きたい主題に出会い
そろそろ復活しようと思っていたところだったのでした。
シナリオで、ある賞の最終選考に残ったという連絡を事務局からもらった時
夫がとても喜んでくれて、
家の神棚に一緒にお参りをさせられたのが忘れられない。
また書き始めることを、きっと応援してくれるに違いない。
(でも選考結果は落選でしたーとほほ)


なんでも、仲間が居るというのはいいですね。

ライターの友達もいるし、市民ライター仲間もいるのですが
創作ってそれとはまた違っています。
誰にも読んでもらえないかもしれないものを、時間と気力を費やして人知れず作り続ける、
しかも一人で、というのは、案外しんどいものなので
一緒に向かう仲間が居るというのは心強いです!
⇒琴似ちゃんに、やる。とも言われていないのに、勝手にその気になっている( ̄ー ̄)

写真は2人で行ったSAWA'S CAFE オーガニックランチです。
不定期開催のおぐら亭ランチ。
なんと、今月の25,26で終わってしまうそうなので
まだの方はぜひ~!



c0195362_14373607.jpeg

by terasumonnmoku | 2016-02-19 19:45 | SAWA'S CAFE | Comments(0)

生きる意味が見つからないなら、自分で創って育てちゃおう!というブログです。やっていることはさまざまですが、常に生きることに向かっています。

by terasumonnmoku