「生きている実感」は、今、この瞬間にしか存在しない。

Bob Stilgerさんの

<ソーシャルフューチャーセッション in 東北 東日本大震災から5年「対話」で未来を創る協働アクション>


に参加しました(^_^)


年齢も性別も職業も境遇もさまざまなみなさまと、この5年間を振り返ります。
震災をはさんで、それぞれに不全感を抱え
自分たちがほんとうにやりたいことはなにか。
を、考えていることは一緒。


c0195362_21200234.jpeg


震災を機に、進路を切り替えた大学生のこうへい君の、

「震災前は例えて言えば、大きな絨毯の上でその辺に落ちているものをただ拾えばよかったけど、
ここから先に進むためには、自分自身をもっと掘り下げて、嫌な自分にも向き合って、
<自分>という存在を高く立ち上げていかなければならないんですよね。」

という言葉に、感動しました。
すごい。

確かにその通りだとわたしも思う。
けれども、「自分」って一人で考えていてもよくわからない。
だからこうした<対話>が重要になってくるのでしょう。


c0195362_21210764.jpeg

                      (会場の東北大工学部カタールサイエンスキャンパスホール)

「今あなたが一番大切にしているものは?」
という問いの、参加していたさわカフェさわさんの「流されること」という答えに
盛り上がりました(๑'ᴗ'๑)
「流される」とは、「コントロール欲求を手放す」こと。
わたしも「がんばらないことをがんばっている」最中なので
大変なシンパシーを感じました・笑。
参加者の方で「結果よりプロセスを大事にする」というのがありましたが
これも近いのかもしれない。
<今この瞬間>を大事にしようと思ったら
当然そうなってくる。
プロセスを大事に、淡々と、そこに意味とか無駄な緊張(頑張り)とかを付け加えずに
<流される>ようにやるしかない。

目標も成果も、もちろん大切です。
けれども、そこに囚われすぎると、「今ここ」をなくしてしまう。
生き生きとした生命の息吹は、今この瞬間にしかありません。
結果に囚われすぎると、生きている実感を失ってしまいます。

「対話」の威力はすばらしい。
4時間があっと言う間に終わってしまいました。

帰り際に大学生のこうへい君に「おもしろかったね!」
と声をかけると
「はい(๑'ᴗ'๑)心が洗われるようでした!」という答えが返ってきて、

いったいどれだけの純度を、こうへい君は求めているんだろう。
とまた、感動してしまいました・笑。

ここ数年、ここに来るのはいつもハードな要件ばかり。
特に前回はつらさマックスでしたが、

今日は夫が働いていたこの場所で、みなさまと「ここから未来」
を話し合うことができ、ほんとうにうれしかった。


新たな出会いに心から感謝です!


c0195362_21213252.jpeg
(本日のファシリテーターで、「未来が見えなくなったとき、僕たちは何を語ればいいのだろう?」の著者、ボブ・スティルガーさんと)
関連記事はこちら
http://artandlove.exblog.jp/25217229/


by terasumonnmoku | 2016-03-09 21:17 | Comments(0)

生きる意味が見つからないなら、自分で創って育てちゃおう!というブログです。やっていることはさまざまですが、常に生きることに向かっています。

by terasumonnmoku