いのちの尊さと、美しさと、はかなさについて。

3月11日の翌日、

希望の会の例会が、20名ちかくの参加者に恵まれ、今月も無事終わりました。


今日はおひとりの労災認定が決まり、

副代表のお誕生日も重なって、みんなで喜びあいました。


今回労災認定を獲得した、三歳の女の子、りーちゃん(仮名です)のお父さんは、

大手企業の下請けの会社で働いていて、朝の6時から上司に呼び出され

お茶くみをさせられていました。

全社的にそういう慣習があったそうです。


昨年転勤で仙台にきて、6人の仕事を2人でさせられるようになり、

移動後わずか三か月で追い詰められていきました。

急激に悪化する精神状態の中で

お父さんは必死に帰宅時間と仕事の内容の記録を残し、

亡くなる3日前にはメンタルクリニックを受診していました。


たくさんの証拠が、労働基準監督官を動かし、

全労災申請数のわずか3割ほどにとどまっている、労災認定を獲得することとなりました。


労働基準監督署に行ったとき

仕事中の職員さんがみんなで総立ちになって

りーちゃんに笑顔を送っていたそうです。


労災申請の増加に労働基準監督署の職員数が追い付かず

残念ながら、すべてのケースが詳しく調べられているわけではありません。

生活保護と同じように、窓口に行っても書類を渡してもらえなかったり、いろいろなことが起っているのですが

りーちゃんのお父さんの家族への愛が皆さんを動かし

今回の認定につながりました。

担当の監督官は、自ら亡くなったご主人の転勤前の関東の職場に足を運び

詳細に事情聴取を行ってくれたそうです。


りーちゃんのために、ほんとうは生きていてほしかった。

誰よりご本人がそう思っていたことでしょう。

けれども自分の身に起こった急激な変化に

どうすることもできなかったのだと思います。

どこかで終わりを思いながら、辞めることも、休むことも

誰かに相談することもできないまま、

家族にも告げず仕事の記録をつけ続けました。


c0195362_19195703.jpeg

そんな衝撃の死から少しだけ時間がたって、

昨年出会ったときには、泣いてばかりだったりーちゃんのお母さんの表情にも

すこし生気が戻り、みんなで、二人の無事と認定獲得と、りーちゃんの成長を

心から喜びあいました。


りーちゃんは、遊びに来てくれた6さいのお姉さんと一緒に

副代表におりがみで、お誕生日プレゼントを作ってくれました。


それを見ていた別の遺族の方が、「わたしはなにもできなくて」と

残念そうにぽそっとおっしゃっていました。

その方もまだ幼いお子さんを何人も抱え、ご自身が生きるだけでも大変なのに

すごい。


こうした活動をしていると、人の美しさと思いの深さに心を打たれます。

できればたいせつなひと、大切な命を失う前に

みんなに気付いてほしい。


最初から死ぬつもりの人はいないし

失われてよいいのちはありません。

生はふとした瞬間に、死に代わってしまう。

永遠だけど、かたちとしては、とてもはかないものです。


だからこそ、月に一度、こうして近況をあたためあえることを、
とてもありがたく思っています。


今日は、会を支援し、日々ハードな相談を受けている弁護士の土井先生も

「はたらくひとの命と健康を守る全国センター宮城支部」の芳賀さんも

とてもうれしそうでした(๑'ᴗ'๑)

よかった。



次回は4月9日。こちらもどうよろしくお願いします!


c0195362_19214090.jpeg


by terasumonnmoku | 2016-03-13 19:19 | 希望の会 | Comments(0)

生きる意味が見つからないなら、自分で創って育てちゃおう!というブログです。やっていることはさまざまですが、常に生きることに向かっています。

by terasumonnmoku