ぞくぞくと、じゃがいもを植える。

あぐり寺地蔵庵の畑をお借りし,
無冥さんの指導を受けて展開している、みつばちクラブの活動日。

今日は、大崎市自立支援相談支援センターの依頼で、無冥さんが今、
お寺で預かっているIさんというおじいちゃんや、
あぐり寺のご近所の男性と一緒に、楽しく畑作業をしました♪

右手を骨折しているIさん。
今月初めに複雑骨折してしまい、
それからあまり時間がたっていないにもかかわらず、
一緒に鍬を握り、さわやかに作業をしてくれます(๑'ᴗ'๑)



c0195362_19005686.jpeg


ちょうどIさんの様子を見に来ていた
大崎市自立支援相談支援センターの担当の方も一緒に
ご飯を食べ、生活困窮者支援の実態をいろいろ伺いました。

引きこもりと、閉じこもりは違うということ。
IさんのようにSOSが出せる場合は対処のしようもあり、救いがあるが、
民生委員だけが事態を把握していて
当事者がどうしても助けを求めたくないケースも多く、
そちらのほうが、深刻であること。

その担当者の方がとってもすてきで
Iさんに対する対応がやさしくて、感動してしまった。

けれども、また、Iさんに会うことはあるだろうか?
身寄りのないIさんは、ここからいったいどこにいくんだろう?
とか、

先日、ある場所で出会った社会貢献に興味がある人のグループで
わたしが日々の活動で出会う、ハードな状況の人の話をしたときに
「それは、一部の特別な人たちの話でしょう?ふつうはないよね」
と言われたことなどを思い出して、
(だからこそ、いろいろな問題の当事者が、
可能な限りいろいろな場所に出ていく意義もあるのですが!)

なんとも複雑な気持ちになり、
もうほとんどヤケになり、
今日の畑は、いつにもまして大騒ぎ。


Iさんは、知ってか知らずかそんなわたしたちのばか騒ぎにも
いやな顔一つせず、つきあってくれました。


c0195362_18594217.jpeg

写真はみんなで食べた無冥さん、渾身の手作りのミートソーススパゲティ、
ほんとにおいしかった(泣)
おじいちゃんが食べられるように、すべての具材が
細かく細かく刻まれていました(涙)
あったかくて、びっくりするほど繊細な味でした。

なにがあっても、人生だ。

みんな、それぞれの人生を、それぞれにがんばろうね☆
そして一緒に、すきあらば楽しい時間を作っていきましょう~ଘ(੭´ ꒫`)੭






by terasumonnmoku | 2016-03-14 20:55 | あぐり寺地蔵庵 | Comments(0)

宇宙真理哲学講師、らくがきすと、即興ピアニストぷらす社会活動家(過労自死遺族当事者)働くことから世界を変えるをモットーに、さまざまな活動をしています。合言葉はREBORN.大事なのは、生きることだ!


by terasumonnmoku