愚痴をなくす方法。

仙台の市議、佐藤わか子先生の事務所に
友人のゆっきを連れて行ってきました(๑'ᴗ'๑)

普通の学校でもいじめや、不登校や様々な問題が起きていますが、
ゆっきのお子さんの通う支援学校においては、さらに状況はハードです。

その状況についての相談を受けたとき、
確かにそれはひどい話だけれども
いくら嘆いてもどうにもならない。
とにかく、ひとつでもできることを探そうよ!と提案したことがきっかけで、
今日の訪問になりました。

わかちゃん先生には、お世話になっている藍の会の田中さんに紹介いただき、
三年前に希望の会と過労死問題の相談に伺った時からのご縁です。
今日は、恩送りができて、ほんとうにうれしかった。
どちらかというと、先生は福祉分野が専門で
労働問題系ではないので、
支援学校で大活躍中のゆっきがつながったほうが、素敵なものが生まれそうです♬

今日は支援学校で、今起きている問題を解決する方法や、
障がいのある子どもたちを、どう支えていくかについての相談にのっていただきました!

もちろん問題が大きすぎるので
すぐに解決策が見いだせるはずはありません。
でもとりあえず、次に打つ手は決まったので
ほんとうによかった。


身近に覆いかぶさる灰色の塊に、
できることがあるのは、いいものです。
それがどれほど小さなことであっても
自尊心を著しく向上させます。
なにより、実際に動き始めると
愚痴が言えなくなるのが、いいですね・笑。

変えられるのは自分だけ。
愚痴を言うのも楽しいけど
折角の人生だもの。それで終わるのはつまらない。

それにしても、いろいろなことを知れば知るほど、

すべての問題の背景に労働問題があるという実感が、ひしひしと増して行きます。


現状のなかなかにハードなお話を伺って、とにかく、それが実っても実らなくても、

どこかに響いていくことを信じ、できることを一つずつ積み上げていこうと

三人で話し合いました(*^^*)


おりしも今日は、わかちゃん先生のお誕生日。

事務所には次々に、お祝いの人が訪れていました。

ゆっきを口実にひさびさに、「わかちゃん」にお会いできて

うれしかったです( ´艸`)

(わか子先生というと、わかちゃんでいいよ。とおっしゃるところもすてき)


そしてそのあとはキムカツでとんかつを食べながら

支援学校のハードなお母さんの話を聞いて

一緒に悩むゆっきの話に合図づちを打ちながら

「ゆっきがしっかりしないと、そのお母さんがもっと大変になるよ!」

などと偉そうに言いましたが

言いながら、自分も気を付けよう。

と、改めて反省しました。


きっとそんなふうにして、わたしたちはみんなで学習していくんだね・笑。


わかちゃん先生との再会で

自分の中でも一つ完結したものがありました。

うれしくなってとっていただいた写真がこれです。


c0195362_21564449.jpeg



by terasumonnmoku | 2016-03-15 21:55 | 仲間 | Comments(0)