ひとりひとりがスーパースター

LGBT(性的マイノリティ) と、カミングアウトを考えるイベント

OUT IN JAPAN 東北プロジェクト 仙台撮影会
に参加しました(๑'ᴗ'๑)

いつもは撮影会だけなのだそうですが
今回はスペシャル企画

トークイベント
「震災とLGBT~当事者からの思い、当事者への思い」がセットになっています。


LGBT関連のイベントは
なんとも居心地が良い。
という評判をどこかで耳にしていたこと。

撮影するカメラマンが、
浜崎あゆみやレディ・ガガなどを撮影したことで知られる
かねてより大好きなレスリー・キー氏だったことで
このイベントをずっと前から楽しみにしていました。


c0195362_21103055.jpeg


さまざまなセクシャリティの方に交じって
ストレートな人もいる。という会場は
本当に居心地が良くて
レスリー・キー氏の登場で、さらにテンションマックスに!

「日本や東北が閉鎖的だとは思わない。ただ情報が少ないだけ。
古いルールを壊す必要はない。
時代に即した、新しいルールを新たに作っていけばいいんだ。

ここをみんなで、あたらしい東北のパワースポットにしよう!
みんな一人でも多くの人をここに呼び寄せて」

と話すレスリー。

そのカメラの前で、カミングアウトしていく人を見ていると、
感動のあまりうるうる。


「一人一人の人生にとって、カミングアウトすることが重要なのではなく
意志をもって、自分を表現していくことが重要です。
それが、それぞれの<カミングアウト>今回の大きなテーマです」

とフライヤーにあった通り、
どんなひとにも、意志をもって自分の望む人生を生きてゆく権利があると思う。
カメラの前で、健康的で楽しそうに
みなさんが自分たちを思いきり表現している様子を見て、

わたしは、どんなひとも
本来のその人らしく
自分自身をのびのびと生きている姿を見るのが、本当に好きだ。

と思いました。
見るだけで泣けてくる。
過労死は過剰適応によって起る。
と、信じているせいもあるのかも。

マイノリティが尊重される社会は
マジョリティにとってもやさしいはず。

ひとが自分自身を尊重している姿を見るのは
ほんとういいいものです。

そしてこのイベントでは、カミングアウトをする人を尊重すると同時に
たくさんのボランティアさんによって
カミングアウトしていない参加者に対する
最大限の配慮(メディアに映らないように席を誘導する。
映りたくない人用リストバンドを用意する。
図らずもとられてしまった場合の対メディア交渉を
ボランティアスタッフが一緒に行う。など)
が行われていて
そこがとてもよかった!

これを書いている今も、長町仙台ピットでレスリーの撮影は行われていて
それはやがて、OUT IN JAPAN
のHPにそれぞれのストーリーと一緒に公開される予定とのこと。



c0195362_21290634.jpeg
「ホルモン治療ができるかできないかが
僕たちにとっては、生死を分けるほど重要なことなのに
それが、ただの医師の気まぐれな決定に握られている。
そのことにものすごく腹が立つ。

だけど、怒っていても仕方がないし、怒りの言葉は人に伝わらない。
だから今日僕は、笑ってレスリーに写真を撮ってもらいます」
と言った当事者の方がいました。

彼の写真は、きっと最高にかっこいいことでしょう。
レスリーの写真のモデルたちは
人種も、性別も、セクシャリティも飛び超えて

「ひとりひとりがスーパースター」
のように輝くのだから。





















by terasumonnmoku | 2016-03-21 21:09 | Comments(0)