ポジティブにものを見る訓練。

仲間内では、透視能力がある。

ということになっているわたしですが、

自分の実感としては

「みんなの見ているものが

目に入らない」

という大変不便な認知の仕方をしています。


道は覚えないし、人の顔も認識できない。

エネルギーはわかるので

けがをしやすい。

というところを除けば、日常生活に支障をきたすことはないのですが

車の運転は超苦手。


それが

iPhoneのおかげで

写真を撮るのが好きになり

風景を結構注意して見るようになりました・笑。


苦手なことも、興味を持てば視界に入ってくる。

そこから、また新しい世界が深まったり

広がったりするのかもしれませんね~ଘ(੭´ ꒫`)੭


実際のところ、ものを見ていても、自分がいったい、

どこにフォーカスしているのか、本当のところはよくわからない。


でも、少なくとも写真を撮ろうと思う以上

おもしろいもの、美しいもの、楽しいものにアクセスポイントを置いていることは事実。

それは、いろんな波動の現象が入り混じったこの世界で

よりポジティブなものに焦点を合わせる、という訓練にも役立ちます。

エネルギー状態に敏感で困るのは

勝手に目立つものを検索し、そこからの影響を簡単に受けてしまう。

ということなので、こうした訓練はとても有効です。


ただ、ひとつだけ残念なのが

肉眼で見るありのままの美しさを

どうしても写真には撮ることができないということ。



c0195362_20543736.jpeg

例えばこれ。

リアルでは、新緑が朝の光をはじくさまが

黄金のスプラッシュのようで

立ちくらみするほどゴージャスだったのに

その「反射」が映らない。

一眼レフとかなら撮れるのかなあ?


それとも、生音の響きがデジタル録音ではどうしても収録できず

驚くほど平板になる。

というのと同じようなことが

映像の世界でも起きているのでしょうか?


フィルターを使えば

ある程度はカバーできるのですが、

それでも全く同じようには復元できません。


単なる腕の問題なのでしょうが、

この新緑の金のスプラッシュは、どう加工してもだめでした(;´д`)トホホ


美しさは、この見えるか見えないかのラインにある

輪郭からはみ出た部分に。

もしかしたらそれは目に見えるものではなくて

網膜には映らない心で見ているものにあるのかもしれない(๑'ᴗ'๑)


こちらは見た感じに結構近くとれた写真。

鴨?の朝の散歩です。


c0195362_20550213.jpeg


水面とカモと朝の光のハーモニーが

静かに響いてきます♡

いいと思っているのは自分だけのような気もしますが

好きなものは好きなので、それはそれでいい・笑。


今日も、明日も、地球のめぐみをたくさん受け取れますように。

わたしたちが愛されてこの星に暮らし

この星のめぐみに生かされていることを

毎日すべての瞬間に、実感していられますように。


鴨も、わたしたちも☆

すべてのいのちが、ともに輝いてあるように。










by terasumonnmoku | 2016-03-29 21:00 | Comments(0)

宇宙真理哲学講師、らくがきすと、即興ピアニストぷらす社会活動家(過労自死遺族当事者)働くことから世界を変えるをモットーに、さまざまな活動をしています。合言葉はREBORN.大事なのは、生きることだ!


by terasumonnmoku