満開の桜の下で、ケーキを食べる。

息子とうもろこしと二人、はり・灸・整骨の和來和來堂院長• 富くんに、出張ハリ治療をしてもらいました!

ぶすっと刺す本格的な針ははじめて(๑'ᴗ'๑)
ツボにさすと、気が流れ始める感じが新鮮です~

その後、あさみちゃんがバスケットで運んでくれた<お花見ごはん>
を、四人でもりもり☆

c0195362_19352023.jpeg

現在東京へ単身赴任中のあさみちゃん。
会うたびにそのアートな料理が楽しさを増している。

びよ〜んと緩んだ身体で食する、ベジタブルなHAPPYごはん!
なんとも贅沢な時間を、
ありがとう*\(^o^)/*

そして今日は今日で、

みごとな桜の花を見ながら、お花見ケーキをしてきました♡


c0195362_19353910.jpeg


解決したわけではないけど、ちょっぴり安心したことがあり、ご機嫌なきもち。

なにごとも喜べる時に、
ちゃんと喜んでおくことがだいじ(^_^)


今年の桜の季節はリッチです。

満開の桜を見ながら

もしかしたら、自分の感覚って

苦しみも三倍増で受け取るけど

美しさや喜びも三倍増し。

結局はとんとんなのかも。

と、これを読んでくださる方には

たぶんどうでもいいことを思いました・笑。


フォーカスを間違うと身体的に大変消耗しますが

それだけのこと。


c0195362_19360155.jpeg


ものは考えようです。



最近みんなの、そして自分の課題や困難の内容に、ほとんど興味がなくなってきました。

ただ、それがどんなふうにわたしたちの輝きを増していくのか

について関心が移っています。


どんな課題も、その人にとって、そして自分にとって

必要だからやっている。

それ以上でも、それ以下でもない。


どんな時も、本質の自分は内側で輝いていて

わたしたちの体を通して愛をあらわし、周囲の人とよろこびを循環させている。

本質から遠ざかり、分離感が強くなりすぎて無感覚になり、

まったくそれが感じられなくても、

愛はいつでもそこに流れている。


by terasumonnmoku | 2016-04-10 21:26 | Comments(0)