熊本地震その後。

熊本の地震の被害が広がっています。
大自然の前では人間は無力だということを、
あの東日本大震災でわたしたちは嫌というほど思い知らされました。
ひどいことが起こる時は起こる。
支援は思うようにはなされず、
人心は混乱し、争いが起こります。

ただ、耐えるしかない。

どんなに気持ちがあっても、本人以外、
どうすることもできないことが、
誰の人生にも起こりえます。

余震は必ずおさまるし,どんなことがあっても、
わたしたちはまた、新しい人生を始めることができる。
いのちさえあれば。

忘れてはいけないものは、希望です。
駆けつけて、がれき撤去をすることも、
巨人になって、
地震を止めることもできない今、
唯一できるのはお金や物資、
そして、希望の光を送り続けること。

自分たちが崩れてしまってはいけない。

そんな今日、
息子とうもろこしに
かっつんに募金したよ!
と話すと、
いくら?と聞かれました。

金額を言うと、

よかったε-(´∀`; )
50万とか言われたら、
どうしようと思っちゃった
と言われました。
そんなにできればいいけど、
力が及びません。

子どもって、いろんなことが心配なんだね(^_^)

熊本のおばにまた連絡をとり、
必要なものを尋ね、
とりあえずできることをした後は、

残された大事な家族との、
かけがえのない日常を大切に、
丁寧に今日を過ごそう。

すべてが今この瞬間にしか、
ないものだから。

そんなわけで、今からバッティングセンターに行ってきます(^_^)

c0195362_19165188.jpeg


by terasumonnmoku | 2016-04-16 20:21 | Comments(0)