もしも真理を学んでいなかったら、

今日は月に一度の師匠、大津先生のセミナーでした(๑'ᴗ'๑)

誘導瞑想のエナジーのエネルギーは
また前回と全く違っていて、
とても<具体的>な感じがしました。

まず誘導と関係なく、なぜかクラウン(頭頂)チャクラから一直線に金色のエネルギーが怒涛の如く放射され
特に、松果体から左脳の側坐核部分にエネルギーが集中。
左脳から左半身にかけて、気の流れが滞っていたところが開通しました(ノ゚ο゚)ノ ~
左脳の側坐核部分へのエネルギーの集中は
何とも言えない幸福感をのこしたままエナジーの最中ずっと続いてびっくり。

その後はチャクラの色の炎で、順番に浄化していくのですが
その炎がいたく立体的で、もう触れそうで感動。
肉体があるって、いいなあ!と思う。

その後銀色からまた金になって終わったのですが
とにかく今日は最初の金色のエネルギーがあまりにも強烈で
圧倒されてしまった。

そして、今日のお話しのテーマは<意志>
先生の言葉が、虹色に見えます。

男性のシフトアップには、「知恵」の創造。
女性の場合はまず自分への「信頼」が大切だ。
というお話は説得力があって
思わずメモをかきかきしました。

「知恵」というのは
自分自身や、組織の在り方をより調和のとれた方向へ変革していくための
独自の考え方で、
それを確立した人は、自分自身のみならず
他者や集団に大きな影響力を及ぼすことができるようになります。

重要なのは人から聞いた、あるいは本で読んだ考え方ではなく、
そのひとが現実に起こる数々の問題に向き合い、解決していく中で獲得した
独自の思考法でなければならない、という点。
経済界でも様々な枠組みの変化が起きていますが
オリジナルであるということはすごいことで
大きな変化を自分、対人、社会全体にもたらします。

女性でも男性的な人はこの「知恵」の部分が大切とのことでした。
今読んでいるマルクスが一段落したら、ちゃんと勉強しようと思いますが
この「知恵」って、ヘーゲルの「精神現象学」で扱われている三位一体論にとても似ている。
と、個人的には思っている。

大津先生のセミナーは
お話も瞑想も、その時によってエネルギーが違っています。
だからそのたびに、自分の中の違う部分が刺激される。
飽きるということがありません。
人の可能性は万華鏡のようにどこまでも広がっているんだなあ
と受けるたびに思い知らされる。

「天は自らを助くる人を助くる」
と言いますが、先生の教えは、
自分自身を本来の自分が救う方法です。

やれば必ず効果がありますが
やらない限りその時いい気分になって終わり。
何度通っても
変化はありません。


先生に会い
真理を学び、実践していなかったら
きっと今頃、大変なことになっていたんだろうなあ。

最初に出会った10数年前、わたしがどうだったか
という話になり。
みんなで最後にお茶をしながら
そんなことを考えました~ଘ(੭´ ꒫`)੭


お、おそろしすぎる.......


c0195362_20515376.jpeg


by terasumonnmoku | 2016-05-18 20:51 | スピリチュアル | Comments(0)

生きる意味が見つからないなら、自分で創って育てちゃおう!というブログです。やっていることはさまざまですが、常に生きることに向かっています。

by terasumonnmoku