信頼の力

高校生の息子がいるので、家を空けるときには、
いつもご飯を作っていきます。

泊りの時はカレーやシチューなど、長く食べられるものを
用意していくのですが、
今回東京に行くにあたって

「どうする?」と聞いてみたところ、

「おれ、なにもできないから、試しに自分でやってみるよ」
と、とうもろこし。
洗濯もしてみるというので
洗濯機の使い方を説明し
出かけてきました。

一日目は、卵焼きを作って失敗。
二日目、コミュニティ・オーガナイジング・ジャパンの
全20時間のワークの15時間分くらいが終わったところで、
こんな写真がラインで送られてきました。


c0195362_20290416.jpeg

彼が生まれて初めて作った冷やし中華(๑'ᴗ'๑)
ほかにも失敗した卵焼き、おいしそうなチャーハンなどの力作の数々が。


c0195362_20292030.jpeg
見た瞬間に顔が緩む・笑。

とうもろこしは先週野球の公式戦とライブが重なり
その準備と受験勉強との兼ね合いで
忙しさのあまり二度熱を出しました。
*その時の模様はこちらhttp://artandlove.exblog.jp/25666711/

一度はわたしの都合が悪かったので
自我でヒーリングをして治してしまったのですが
二度目はそのまま見守っていたところ
自力で復活。

何か覚悟を決めたらしい(๑'ᴗ'๑)

もともと、どんなこどもにもすごい力があって
翼を折りさえしなければ
どこにでも自由にはばたいていける。

見守るって、結構しんどいことだけど
「信頼する」ことが、子どもの力を育ててくれる。

家に帰ると、最後の晩御飯は力尽きたそうで、
ラーメンとうどんの、炭水化物ばかりの夕食の写真を
見せてくれました・笑。

なんとなく買って帰ったフレッシュネスバーガーと
お土産代わりのハーゲンダッツアイスクリームを二人で食べて
しあわせだな。
って思いました(๑'ᴗ'๑)

洗濯の練習もしたそうで
なぜかバスタオルばかりが物干しざおにはためいていた。








by terasumonnmoku | 2016-06-06 20:25 | 家族 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku