受験期の息子とうもろこしとの、きわめて個人的な日々。

どんどん立派な人になりつつある
我が息子とうもろこし。

退学も、留年も覚悟していたのに
おかげさまで、どうやらちゃんと高校を卒業できそうです。

大学受験を来年に控え
5つあった赤点も1つにまで激減。
寸暇を惜しんで単語を覚えています(ノ゚ο゚)ノ ~

こんな日が来るなんて
想像もできなかった。

勉強スタートが遅かったので
どこまでいけるかわからないけど、
夢の東京、一人暮らしに向けて
がんばっている。

自分に合う勉強法を自分で工夫し
わからないところはちゃんと先生に聞いて。

こどもはすごいな。

相変わらず父親の死は受け入れられず
仏壇にお参りすることも
お墓参りに行くこともできないけど
先日は遊びに来た友達に
(自分はしないのに)
お線香をあげさせていた( ´艸`)

大学生になったらバンドもやりたいし、野球もしたい上に
体を鍛えて<SASUKE>に出たいのだそうで
やりたいことが多くて、大変・笑。

この学期の終わりには
初の(というのは前回の面談は
本人がすっかり忘れてすっぽかしたので)
先生との三者面談がある。

先日先生と電話でお話しする機会があり、
その声がストレスフルで
一生懸命がすべって、はぜている感じだったので

どんな先生?
と本人に聞いてみたら
「一見優しそうなのに、変なところで怒る。
ほんとに思ってることを言わない先生」
とのことだった・笑。

その先生に、出会う必要があったんだね!

「おれ、今度の先生ちょっと苦手だから、出力50パーセントオフの省エネモードで行くからね」

と宣言する息子を見て
前はいけてる先生に対しても文句たらたらだったのに
大人になったものよと、じーんと胸に迫るものがあった。

なぜかよくわからないけど、
先生との三者面談が、ほんとうに楽しみ(๑'ᴗ'๑)

忙しい息子に
たいしてできることがないので
せっせとお弁当を作る毎日です。
残り少ないお母さん業を
きっちり堪能しないとね~ଘ(੭´ ꒫`)੭

c0195362_21032613.jpeg

by terasumonnmoku | 2016-07-08 21:00 | 家族 | Comments(0)

宇宙真理哲学講師、らくがきすと、即興ピアニストぷらす社会活動家(過労自死遺族当事者)働くことから世界を変えるをモットーに、さまざまな活動をしています。合言葉はREBORN.大事なのは、生きることだ!


by terasumonnmoku