とうもろこし、富士山からの帰還。

おかげさまで、息子とうもろこしが無事、富士山から戻ってきました!

ものすごく、いい顔で(´;ω;`)

よかった(´;ω;`)

感無量です。

「富士山夢祭り」というこのイベント。
旧暦の七夕の日に、熊本西原村や北海道をはじめ全国のみんなの夢を
おみこしに入れて、山頂で叶うよう祈る。
というロマンチックな企画を
粘り強く、とうもろこしに勧めたのにはわけがあります。

それはお父さんの自死で彼が一度失った、「夢」の物語だったから。

<夢>と軽く言いますが、
富士山におみこしを担いで登ることだって、
北海道からリヤカーを引きながら歩いて富士山までたどり着くことだって、
生半可なことではありません。

現実の夢も、たとえば事業をやるなら一本の営業の電話、
演劇なら生活のための仕事からチケットを売るという、本筋とは関係のない地道な努力がなければ、ぜったいに叶わない。

その努力があって、初めて「前向きな思考癖」とか「真理」が力を現してくるのです。

でも一度シニカルな思考が身についてしまうと
ただ綿あめのように語られる<夢>と
身体を張った本気の思いの違いが、わからなくなる。

最悪なのは、批評ばかり、愚痴をこぼすことばかりで何もしないこと。
誰かに悩み事相談をして
その場だけすっきりして、同じことを繰り返すこと。
この激動の時代、同じ場所に居続ける、何もしないーということのリスクはめちゃめちゃおおきい。

動けない人が動くためには
日常とは全く関係のない、お神輿を担いで富士山をの登るーような自分の限界を超えることをするのがおすすめです。
一度極端なことをすると自分の限界が広がる。

それにしても、わたしが富士山に行ったときは
感慨も、装備もなく、一人とことこ電車に乗ってでかけたものですが、
同じ10代でとうもろこしが登るときは、おおごとでびっくりしました・笑。
山グッズのお店の人の言われるままに
あれもない。これもいる。と大騒ぎ!

そんなに準備しなくても、一緒に上るバティは、
サルの恰好とかで登るんだよ。
と説得して、ようやく収まった次第・笑。
(バティは、ほんとに全身サルで、登っていました・笑)

自分が行くときはかっこよく飄々と行ったわたしは
団体行動にもかわらず、息子とうもろこしの動静が気になって気になって
四六時中SNSをチェックするありさま・笑。
ナサケナイ・・・・
かつての両親の心境をおもんばかり、深く反省しました。

当時は、まだ携帯もネットもなかったので、
到着連絡もせず、一か月の山小屋泊まり込みバイト中音信普通。
しびれを切らして母が当時幼稚園の妹を連れて、
バイト先の富士山7合目の山小屋まで顔を見に来てくれたのです。
自分たちの行ったこともない場所に
16歳の娘をよく送り出してくれたなあ。
親が寄せてくれた「信頼」に胸が熱くなります。

それに比べてもナサケナイ~
いやあ、ちゃんと自立しなくっちゃなあと改めて反省しました(とほほ~)
でも、こんなふうに今か今かと思える人がいるって
ほんとうに、ありがたいことです~ଘ(੭´ ꒫`)੭
家族っていいな。


c0195362_21251482.jpeg

とうもろこしが撮った、富士山山頂の写真(^_^)
本人はいま、お風呂の中で元気に歌をうたっています^_^















by terasumonnmoku | 2016-08-11 21:27 | 家族 | Comments(0)

宇宙真理哲学講師、らくがきすと、即興ピアニストぷらす社会活動家(過労自死遺族当事者)働くことから世界を変えるをモットーに、さまざまな活動をしています。合言葉はREBORN.大事なのは、生きることだ!


by terasumonnmoku