お盆。

お盆ですね。

今日は夫のゆかりの東北大学の先生が
夫の位牌にごあいさつに来てくださいました。

ひどいアカハラをうけ、大きなダメージを受けて休職。
暖かい<つて>に恵まれ、約一年後別の部署で復職がかない、
紆余曲折の後、藍の会の田中さんの後押しでよい弁護士さんにも出会い、労災認定を獲得。
大学に申請が通り、このたびようやく、休職中に止められた昇給が復活しました。
文章で書くとあっという間ですが、ここに至るまでに三年の月日がかかっています。

どれだけ長かったことでしょう。
家族のひとりがダメージを受けると
全員が重い負荷を背負います。
奥さんもお子さんたちも、毎日が針の筵に座っているようだったことでしょう。

当たり前のことが当たり前になることの難しさを
目の前で見てきました。
どん底を抜け出すことができたのは、先生とご家族の精神力のたまものです。
今、誰一人欠けることなく
みんな元気で笑っている。

それがうれしくて、涙しました。
よかった(´;ω;`)
ほんとうによかった(´;ω;`)

みなさんが帰られた後
夫に「ほんとうによかったね」
と話しかけると
「ありがとう。おまえのおかげだよ」
とびっくりするような答えが返ってきました(ノ゚ο゚)ノ ~

わたしのおかげは一個もありませんが、
頂いたお持たせのお菓子を分けるとき

「(夫は)もう死んでいるので残ったので大丈夫です」

なんて憎まれ口をきいちゃって、ごめんなさいm(_ _)m

そういえば先日、tama's cafe をした時
居間に置いてある仏壇の扱いに悩んだのでした。
知り合って間もない方が大勢見えたので
衝撃的かもしれないと思って。
でもふたを閉める気持ちにも、どこかに移動させる気持ちにもならず
そのままにしていたら、
さわさんはじめ、みんなが夫にご挨拶してくれて
ほんとうにうれしかった。

死んでしまっても、大事な家族。
わたしたちが元気で暮らしていられるのは、夫のおかげです。

お墓参りは今週のはじめ、実家に帰ったときに済ませてしまったので
うちのお盆はもう終わりかな(๑'ᴗ'๑)
お墓のほうも、きっとにぎやかだね。

今日は夫のお母さんともひさびさにお話をしました。
とうもろこしのたっての希望で
彼の高校野球最後の雄姿の写真をポスターにして
それぞれのおじいちゃんおばあちゃんに送ったものが届いたのです。

お元気そうで本当に良かった。
「明るく過ごしていると、みんなが元気になるからね」
と、お母さんは言います。
なかなか言える事じゃない。

わたしの実家のほうには、いまは、妹一家が押し寄せているはず。
おそらく3歳のかわいい甥っ子が、両親を圧倒していることでしょう!

はなれていても
時間や空間を置いて
みんなつながっています~ଘ(੭´ ꒫`)੭

みなさまも、あたたかいお盆でありますように。


c0195362_22064728.jpeg












by terasumonnmoku | 2016-08-13 22:04 | 家族 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku