とうもろこしと、お父さんの話をする。

長かった夏休みが終わり、
通常の毎日が戻ってきました(๑'ᴗ'๑)

とうもろこしは、富士山に行ってたくましくなりましたが
すごく疲れてしまったらしく
受験生に戻るのが大変。
久々に衝突したり!
(原因はごはん・笑)
それにしても空腹盛りの男子高校生に、食べさせてあげるものがちゃんとあるって
ありがたいことですね。

先日、ひょんなことから
彼のお父さんの話になりました。

最近、わたしの仕事が珍しく込み合っていて
そのことが不思議そうだったので

「みんなは、母さんの人生を買うんだよ」
と説明し、
誰がそれをするかというのが重要で
そこに価値が生まれる。

なんでそんな話になったのかわかりませんが
ミュージシャン志望の彼に、

「君の場合、売れるものを創るために一番簡単なのは
ーまあ簡単ではないのかもしれないけど、
父さんを許すことだよ。
なにをやっても、必ずいつかはそこにぶち当たる」

「おれってゆるしてないのかな」

「ゆるしてないでしょ。お墓参りにもいかないし、お線香も上げないんだから。

怒ってるんだよ。

でもそれはしょうがないよ。
父さんは、死んじゃいけなかったんだから。
君には、怒る権利がある。子どもなんだからね。

だけど、いつかかならず、父さんの気持ちがわかるときがくる。
だって、父さんはとうもろこしのことが大好きだったし、
君は父さんのことが大好きだったんだから。

だから、急ぐ必要はない。


でも、君が父さんを許せたときに作った作品は
世界中のすべての心に届くよ。
いつか君は、必ずそういう作品を創る」

わたしの演説を珍しく神妙に聞いていたとうもろこしは

「ふうん!」

ゆるすって、英語で permit っていうんだっけ?
などと言いながら、勉強しに自分の部屋に行ってしまった~ଘ(੭´ ꒫`)੭

いつも父親の話をすると、すぐに話をそらしてしまう彼と、
こういう話ができたのは初めてで
そのことに感動する。
困難な状況の中で
彼がすくすくと成長してくれていることに、感謝のきもちでいっぱい。

自分にガッツポーズがしたいからと
PCも封印し、携帯のゲームアプリも削除して
「毎日10時間、とりあえず机の前に座ることにする」
というとうもろこし。

受験生でいるのも、あと5か月٩(ˊᗜˋ*)و✧*。


c0195362_20373416.jpeg


写真は、あこがれのピニャコラーダ・グラニータ(ノンアル)
昔から南の島で、デッキチェアにもたれてピニャコラーダを飲むのが夢でしたが
よく考えると、ピニャコラーダって飲んだことがない・笑。


これで南の島があれば完璧だな♬
夢を見るにも、リアリティがないとね・笑。




















by terasumonnmoku | 2016-08-24 20:36 | 家族 | Comments(0)

生きる意味が見つからないなら、自分で創って育てちゃおう!というブログです。やっていることはさまざまですが、常に生きることに向かっています。

by terasumonnmoku