自分の「好き」を大切にする。

このブログ、スキン変更とともに肩書を、「らくがきすと(画家)」に変えました。

別に誰の関心も呼ばないと思うのですが
イラストレーターにしては絵が下手すぎるし
スピリチュアル・アーティストにしては
その言葉から想像する、(よくある)もやもやした美しい世界を書いているわけでもなく
しっくりこない。

天から落ちてきた<らくがき>をかたちにするひと。
というのがぴったり。

画家をつけると、なにしてるひとかわかるし
ジム・ダインのある時期の作品のように
ハートばかり描いていても
モンドリアンのようにあみだくじ状の絵ばかり描いていても
ゆるされる。(誰に?たぶん、自分にです)

なにより、スピリチュアル・アーティストより
らくがきすと(画家)のほうが
絵を描いていて楽しい。

どうせやるなら、
心楽しく好きなことがしたい。

絵を描くたびに、自分のコンプレックスに向き合うので
大変消耗するのです。
でもこんなにやり続けるくらいだから
ほんとに好きに違いない。
自分の「好き」を大切にしよう。
もう負荷をかけるのはやめよう。
時間の無駄だから。

これからひと月。
わたしは壮大な(笑)実験を始めます。

文章には前から自信があったけど
絵は大津先生に褒められたのが初めてだった。

でもそもそも、好きだから描いていたのです。
ただ好きで、誰の関心も集めていない時は勝手にできたのに
ほめられると身動きができなくなるっておかしい・笑。

技術もないのに、またほめられたいという、妙な心が出る・笑。
それをひとは、<欲>というのね。

そういうのをせっせと解除していこう。
じぶんがどこまでいけるのか。
ただそれだけを探しに行こう。

好きなことがあるけど自分には無理。
ぜったい、できない!と思っている人。

あなたならできます。
絵が描ける。なんて思ったこともなかったわたしが

恐れ多くも好きという気持ちだけで
ギャラリーを借りて個展を開くのです。
(そして、10歳でピカソをまねて自分の絵にサインをし、
長じてはせっせといろんな作家の作品を見て歩いていたくらいなので
アートが好きという気持ちだけは誰にも負けない自信がある・笑)

あなたにできないわけはない。

人生は短い。
一緒に恥をかいてみませんか?

なんたって、わたしたちには、あふれんばかりの才能がに満ちているのですから*\(^o^)/*

c0195362_20293755.jpeg

by terasumonnmoku | 2016-09-14 21:02 | Comments(0)

宇宙真理哲学講師、らくがきすと、即興ピアニストぷらす社会活動家(過労自死遺族当事者)働くことから世界を変えるをモットーに、さまざまな活動をしています。合言葉はREBORN.大事なのは、生きることだ!


by terasumonnmoku