女性であることを思い出す自己肯定の練習に、スカートをはきました。

今回の、エナジーめい想朗読会で
個人的にもっとも注目されたこと。それは、

わたしがスカートをはいていたこと・笑!


お子さんを育てている方
介護などをされている方。
身に覚えはありませんか?
パンツをはき続けているうちに
いつのまにかスカートが縁遠くなることを。

わたしも例外ではなく
ほとんど毎日パンツです。
先日、撮っていただいた写真の中の自分が
どうしようもなく「能」に出てくる「翁」のようだったことに衝撃を受け、
これはまずい。
と反省しました。



年齢を重ねると
誰しも性別不詳になっていきます。
100歳になって
おじいさんかおばあさんかわからない。
というならわかりますが
まだそんな年でもないのに残念すぎる。


そんなときに友人の笹原宏美さん(ファッション・コンサルタント)のこの記事
を読み
一念発起したのです。(おおげさ~!)

当日の装いは、ほぼ全部、前述の笹原さんことひろみんのお買い物同行で選んでいただいたものですが、
たまのおしゃれは、気分が変わりますね~ଘ(੭´ ꒫`)੭

c0195362_19272034.jpeg
( ふぉと ばい Nakanoya Kasumi  今回一押しの作品です↑ )

個人的にはエレガントなスタイルより
ジーンズに破れたTシャツのほうが圧倒的に好きなのですが
理想は

「世界の高級ホテルでも、場末のラーメン屋でもしっくりくる大人の女」。

せっかく場数だけは踏んできたのに
普通に暮らしていると、場末のラーメン屋バージョンでしかいられなくなってくる。
気を付けないといけません。

形から入るって大事。
男性も女性も、たまには自分に手をかけて
違う気分を味わってみませんか?

それにしても久々のフレアースカート。
ふるふるして足元が頼りなく、
まるで女装のおじさんになったような気分でした・笑。

c0195362_09010970.jpeg
(この写真はてつろうさんにいただきました!ありがとう!!!)


みなさんもできる範囲で、ぜひご自身を大切に扱ってあげてくださいね(๑'ᴗ'๑)
ひとりひとりがかけがえのない、たいせつな存在なのですから!





by terasumonnmoku | 2016-09-19 09:17 | 仲間 | Comments(0)

宇宙真理哲学講師、らくがきすと、即興ピアニストぷらす社会活動家(過労自死遺族当事者)働くことから世界を変えるをモットーに、さまざまな活動をしています。合言葉はREBORN.大事なのは、生きることだ!


by terasumonnmoku