やりたいことをやる。という事の偉大さに学ぶ。

忙しい日々もとりあえず落ち着いて
だいぶ、家がきれいになってきました・笑。


近ごろ息子とうもろこしは
めっきりと大人になり、
母親へのほのかないたわりを
感じるほどで、

本人が受験で大変なのに
こんなことではいけないと
反省中。

学校の保護者会にも行ってみたけど
もう二次試験の時のホテル確保とかが始まっているらしい。
恐るべし。

c0195362_22564225.jpg

そんなわけで、日ごろやらない学校への送迎をしたり
(写真は朝の公園)、

久々に手をかけて?ご飯を作ったり。
(単なる鶏ハムですが、息子分はこの2.5倍)

c0195362_22565839.jpg


以前は東京でバンドをやりたいから大学に行く。
と言っていたのに
最近では、

「有機化学」を勉強したいから
あの大学に行きたいんだよ。

と言い始めたとうもろこし。

なんと勉強の面白さに目覚めたらしい(涙)

その勢いは大変なもので
日ごろ持ったことのない鉛筆を握りしめ
突如勉学にいそしみまくった結果、
なんと、腱鞘炎を発症するまでに(ノ゚ο゚)ノ ~

整体に行ったり、なかよし富くんに針を打ちまくってもらってしのいだりしています(๑'ᴗ'๑)
しっかし男の子って極端だな。
あれだけ見向きもしなかった勉強なのに!
鉛筆を持つ筋肉が、いかに退化していたかがしのばれる。

東京に行くことを決めて
めっきり自立に向けて意識が高まっているらしく、

前述のそこはかとない親への思いやりも
その自立心の芽生えととともに育っている気がします( ´艸`)


やりたいことをやる。
ことの偉大さを

改めて教えてもらった気持ち。

でもそのタイミングは
あくまで本人が決めるんだよね。

とうもろこしも時間はかかったけど


「楽しいと思うことがひとつもなくなってしまった」

という記憶のない抜け殻の状態から、


「とりあえずなんでも、
やりたいことはやってみようと思う」

と、バンドに野球に、富士山登山にと
猛然と遊びまくり、
激烈に忙しい青春時代を経て

舵を振り切って
全力で勉強に向かうって
とっても正しい道のりであったのではないだろうか。

最悪なころは、暗闇の中を歩いているみたいで、
頼るのは息子を「信じる」自分の気持ちだけだった。
本当に心細かったし、何度もめげそうになったけど

結果的に、歩いてきた道は最善だった気がします٩(ˊᗜˋ*)✧*。

だから今悩んでいる子も
きっとだいじょうぶ  ':・:*:. ☆ .:*:・:'
自分のペースで
ゆっくり大人になろうね。
そして親は、ゆっくり大人になる子供たちが
転んだり、失敗するのを
ちゃんと受け止めてあげようね。

すべてが、かけがえのない経験になる。


試験はどうなるかわからないけど
きっととうもろこしにとって
ベストな結果になるに違いない☆彡

あ、めっきりおとなになったとはいえ
でも相変わらず
自分の好きなおかずは
平気でわたしの皿からとっていくし
(ほや、とか、はるさめ、とか!)
世界一臭い靴下は投げてくるし
その辺は相変わらずです~・笑。












by terasumonnmoku | 2016-10-28 22:54 | 家族 | Comments(0)