楽しいことが商売になり、大変なことがボランティアというのがこれからの世界の方向性にはあっているにちがいない。

今日は希望の会の11月の例会の日でした。

新しい遺族の方が遠方より見えました。
過労死があることが
現実です。

たったひとりで、労災申請その他に向き合うのは
つらすぎる。
だから、遠くから希望の会のHPを見つけて
つながってくださったことを
素直に喜びたいと思います。

でも、過労死がなくなって
これ以上遺族が増えないことが
一番の理想。

シンポジウムの準備も着々と進んでいます。
どうかたくさんのみなさまが
参加してくださいますように☆彡


c0195362_21193810.jpg



ほんとうは、過労死を防ぐというより

楽しく、互いに助け合い、
みんながいきいきと働くことで
地球にも
ひとにもあたたかい社会を作っていく。

という方向に
早く完全にシフトしていけるといいな。

理想論ではなく、わたしは本気です。

で、自分の仕事としては
あくまで、<しあわせを作る>ことをメインに
活動しています。

ひとのなかにその人のミッションを見つけて
サポートをしていく仕事なのですが、
これが楽しい♡

そこそこ才能があるらしく
みんなみごとに花開いていきます(*´艸`*)

楽しいことが商売になり
大変なことがボランティア。
というのは、矛盾しているようですが
これからの世界の方向性にはあっているに違いない。


まだうまく言葉にできませんが、
自分も人も、地球もうれしいことが
豊かさを生み、
わたしたちのあたらしい、幸福な未来につながっていく。


今までは、この二つの世界がどうしてもばらばらに感じられていましたが
自分自身を徹底的に掘り下げることで、
少しずつ統合することができてきました。

どう考えても
わたしは魂の声に従った仕事
ミッションをやっている人が好き。

愛のある仕事が好きで
それをしている人が好き。

過労死で悔しいのは
そうした一人一人のかけがえのない才能が
無残につぶされていくところです。

だからつぶれていく人をなくしたいし、
一人一人の可能性を育てていきたい。
一見違うように見えますが、
たぶん、この二つは別ではないのだと思う。

一度転んでも、いのちさえあれば
人生はいくらでも変えられる。

どんなことがあったひとも、もっと幸せに暮らしていい。
むしろ大変なことがあった人ほど
誰よりも笑っていい。
そのための道を探し、構築する権利は
わたしにも、あなたにも、同じように与えられています。
大きなダメージから立ち上がるには
一度生まれなおして別の人間になるくらいの覚悟がいりますが
死んだ気になれば大丈夫!

どんなにだめでも、どんなに悲惨な過去があっても
今から先の未来は
どんなふうにでも変えられる(๑'ᴗ'๑)


そんな今日は友人のかなちゃんに、
早めのお誕生日お祝いをしてもらいました♡
もう、11月は終わってもいいくらいの充実ぶりです・笑。

ありがたや〜


それにしても、この写真の野菜さんたちのこりようはすばらしい(๑˃̵ᴗ˂̵)
見ているだけで、しあわせです♡







by terasumonnmoku | 2016-11-12 21:18 | Comments(0)