もう苦しみとか、いいかな(ばい 星野源~SONGS)

自分ごとに夢中になって
駆け抜けた12月初頭が終わり、
ふと見回すと

あたり一面焼け野原に
なっていました。

焼け野原なんだけど
着実に何かが生まれている。

生命の、新しい胎動のようなもの。

あちこちで
あたらしいいのちが
芽吹いている。

それをつかみ取って立ち上がるか
さらに暗闇を求めていくかは
本人次第。

わたしにできることは
ともにあたらしい萌芽を見守り
葛藤を慈しむこと。


今朝起きると、
なぜか

「もう苦しみとか、いいかな」
(ばい 星野 源~SONGS)


的な心境になっていました。

だからといって、これからも
わたしのやることは変わらない。

今朝起きて、朝一番に

身近な人の死に
葛藤する大切な三人に
メッセージを送った。

たぶんそういうことを
わたしはこれからもずっと
続けていくのだろうけど


大事なのは

「それぞれのひと」

であって

「苦しみ」

じゃない。


大好きな人に
大好きと言おう。

大切な人に
大切と言おう。

がんばってる自分を
ほめてあげよう。

できることは
よろこんでしよう。

できないことは、
健やかにあきらめよう。


そしてどんなひとの
どんな状況からも逃げず
笑えるときは
すかさず笑おう。

だけど自分も
ちゃんと大事にしてあげよう。

そんなことを
改めて決意してみる。

c0195362_10450010.jpg



by terasumonnmoku | 2016-12-12 21:11 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku
カレンダー