かつて思春期を迎える息子に伝えて、とても良かったこと。

子育ては、思春期の前までで
ほぼ勝負がついてしまうのではないか。

と思う昨今。

自分が息子に伝えて特に良かったな
と思っていることを2つ。

1.きみは心の美しい子どもだよ。
と、教えてあげられたこと。

そりゃ生きてれば、
いろいろあるだろうけど、
それはきみが「人間」だからで、
心が汚いせいじやない。と。

これはわたし自身が、思春期の前に、
教えてもらいたかったこと。
性的な問題も出てくる頃なので、
男の子は尚更必要かもしれない。

2.自分がやりたいと思ったことは、
基本なんでもできる。ということ。

*ただし、世界征服など大勢のひとが関わることではなく、
個人の努力で完結することで、
かつ実現のタイミングを限定しなければ
という条件付き(^-^)

「嘘だあ!」

と、最初は驚いていたけど、
ちゃんと伝わったらしく、
おかげさまで、とうもろこしにはやりたいことがいっぱい!


c0195362_15554831.jpg


息子の高校卒業=
わたしのお母さん卒業を目前に、

母業の総括に入っている。



親の最も大切な仕事は、子離れ。

子どもが1人の人間として、
社会と関わりながら
生きていけるようにする。

という目標に向かって、

心楽しく、本人と距離をとっていく。

大学に入るとか、就職するとかは
ただの方法論。
生きていく上で、
装備はいいほうがいいよね。
くらいにしか考えていないけど、

人とつながる力と、

精神的な自立は
ほんとうに重要。

困ったときに誰かに助けてもらうには
本人が
精神的に自立している
必要がある。

わたしがいなくても
生きていけるように。

倒れても、
教訓を掴み取り
どこからでも立ち上がって
また楽しく生きていけるように。

とうもろこしは大丈夫そうだけど、
わたしがいまいち心もとないので
せっせと新しい自分を作っています(^-^)



ばいばい♪
古い自分。

c0195362_15561462.jpg


こんにちは!
新しいわたし。

自由な毎日は
きっとすっごく楽しいよ☆彡


c0195362_16031998.jpg

大好きな、ポール・スミス特集。

ボタンの壁の前で
珍しくご機嫌な自撮り🤳・笑。







Commented at 2017-08-12 18:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by terasumonnmoku at 2017-08-17 09:39
おつらいですね。


そうですね。支援を受けるためには、自分に起きたことをまず自分が受け入れなくてはならない。

わたしは自死遺族で、誰にでも(子どもにも)そのことを公表しており、だからこそ学校からも、塾からも、地域社会からも、サポートを得ることができました。

すごく珍しいケースだと思います。

現実には自分が、自死遺族であることを隠している場合がほとんどです。親は公表していても、子どもには秘密というケースがそれに続きます。(ただ、子どもに対する告知については最近考えが変わり、残された親が、自分の気持ちを整理できるなら、強いて子どもに事実を伝える必要はないんじゃないかと思うようになりました。が、それはそれぞれが考え、責任を負っていく問題です)

当然ですが、何が問題で、どう助けて欲しいのかを言えなければ、周りからの適切な支援は得られない。

しかし家族が突然自分でいのちを断つという、世界が突然、真っ黒になってしまった状況て、それを言葉にして伝えるのはとても難しい。

のしかかる罪悪感、差し迫った経済問題、子供の心配、折り重なる山積みの問題に頭をのっとられ、肉体的にも食べられず眠れずもうろうとした中で適切な支援を募り、生き残りを模索するためには、相当に強い意志が必要です。

同時に、周りからのどんな善意も、その状況では十分ではない。と知ることも必要です。

つらさは、あくまで自分が背負うしかない。自分以外の誰にも、自分を解放し、楽にできる人はいないこと。依存ではなく、自立という言葉を、わたしはそういう意味で使いました。

わたしは死後の生を確信しているので、なくなった家族のように命を絶ったとしても、そのつらさはなくならないと思っています。苦しみは、生きているうちに清算するしかない。

必ず立ち直れる。


そして、亡くなったご家族も、わたしたちが元気で幸せに生きていくことを望んでいます。好きでいのちを絶つひとはいない。ほんとうは一緒に、生きたかったはずだから。

コメントくださって、ありがとう。あなたの存在を知ることができて、わたしはとてもうれしいです。

最初の3ヶ月が一番つらい。
悲しいのは一生なくなりませんが、半年過ぎれば息ができるようになります。

今は、生きているだけでじゅうぶんだよ。









by terasumonnmoku | 2016-12-28 17:57 | 家族 | Comments(2)