「わたしを離さないで」レビュー人が生きるというのはどういうことか。

臓器提供のために育てられた
クローンの子どもたちを美しく描いた


カズオ・イシグロさんの


「わたしを離さないで」という小説が
とても好きです。




c0195362_21355542.jpg



これはイギリスで映画になり

日本でもドラマ化されました。


タイトル「わたしを離さないで」

Never Let Me Goに



フランクルの「夜と霧」で、
捕らえられたユダヤ人が


死を予感しながら収容所の壁に刻んだ



「それでもわたしは人間だ」


と言う文言に共通するものを感じ

(うろ覚えですが)


このタイトルには、どんな状況下でも

最後の瞬間まで

わたしはわたしとして生きていく。

という非常な決意や祈りのようなものが

込められている。


それは

<個別者として自己の存在を自覚的に問いつつ

存在する人間の主体的なあり方>

=実存(大辞林)


といってもいいのではないか。

思っていました。思い入れたっぷりに!


なので、日本のドラマの主人公たちが、

自分の執着する相手と別れるたびに
このタイトル


「わたしを離さないで~」


といちいち叫ぶシーンを立て続けに見て、

大きな違和感を感じたのです。


違うだろう~!




もしかしたら、日本には
「実存」と言う概念が
ないのかもしれませんね。


人は誰かとの、あるいはどこかとの、
関係性によってしか、存在しない。



だから人間関係の失敗が
ものすごく大きくて、
関係性の失敗と同時に
自分自身の存在まで危うくなる、
ようなことが、起きるのかも。



と、いうようなことを考えました。


もちろん、わたしたちは

「自分が何によって立つのか」を

自分の意思で決めることができます。



臓器移植のために培養された

クローンの子どもでも、

ナチスにとらえられ

死を待つユダヤ人でも


尊厳を持って自分の人生を生き

誇り高く

死んで行くことはできる。


「ひととして」

素晴らしい存在として。

光輝く一つの高貴な生命として。


彼らにおいてすらそうなのですから

そこまでの極限状態におかれてはいない

わたしたちにそれができないはずなない。


自分を素晴らしく価値あるものと認め

輝きを感じ、あらわしていく。

そんなふうにして

わたしたちは未来を

変えていく(๑'ᴗ'๑)





以下のリンクは参考で

敬愛する熊沢誠先生の書かれた

映画版、ドラマ版のレビューです。




ちなみに、過労死問題に興味のあるかたは

熊沢先生の「働きすぎに斃れて」をぜひ読んでみてね。

過労死問題が

単に研究の対象というだけでなく

生きた人間の骨太で重厚な人間ドラマになっています。

まるでドストエフスキーの小説のよう。


あと、カズオ・イシグロさんの「日の名残り」

も純文学好きな方にはお勧め!


イギリスの貴族の家に働く執事の物語で

こちらは谷崎潤一郎の「細雪」のような

静謐な秩序と美の世界に浸ることができます。

映画も素晴らしいよ~ଘ(੭´ ꒫`)੭


by terasumonnmoku | 2017-01-13 22:14 | 読書 | Comments(0)