恋の終わりと嫌がらせ。

今日は月に一度の
希望の会(過労死遺族とサポーターの会)
の例会の日(๑'ᴗ'๑)

c0195362_19214232.jpg

ずっと会を手伝ってくれている
盛岡から来てくれたかなちゃんと
お昼を食べながら


5年前夫が亡くなった直後の
大変だった時期の話になりました。

そのころ、
かなちゃんはしょっちゅう
うちに泊まりにきていて

多いときは毎月一週間くらい
一緒に暮らしていたのです。

きっとわたしたち親子を心配してくれて
のことだっだのでしょうが、、

当時かなちゃんは
悲しい恋の終わりを迎えていて、

労災申請とか
大学との交渉といった
ハードな用事を足して
わたしが家に帰るたびに

はらはらと

涙をこぼしていました。


とうもろこしはまだ13歳。
お父さんのことでついた傷の痛みと、
直接わたしに当たれない腹いせに


そんなかなちゃんの分のおやつを
無断で食べてしまったり、

家庭教師の大志くんに
あげちゃったり。

という姑息な
嫌がらせを
やりまくっていた。
(でも不思議と、邪魔だとか
帰れとは言わないのです!)

かなちゃんは
外出先から戻ったわたしに
悲しげにそういうことがあった話をして、

とうもろこしくんもつらいから
きっとあたしに八つ当たりしているんだね、
それで気持ちが落ち着くといいね。

といって
軽くため息をつき、

夜になると、また恋の終わりを思い出しては
はらはらと涙する。


トライアングルな日常。

その時は必死過ぎて
そんなものかと思っていたけど
改めて時間をおいて
冷静に眺めていると

そういうすべてが
時間がたった今となっては、


ものすごく、

おかしいね。

と言って、

今日はふたりで
涙を流して大笑いしました・笑、



それぞれがそれぞれにつらくて
みんな別々に悼んでいて
ちょうどよかった。

まるでよくできた喜劇のようです☆


いやあ。人生だに。

c0195362_19340003.jpg





なんて感慨にふけった
今日の希望の会では
4月にやる福島の過労死防止シンポジウムのことや
今年の11月の新しいテーマが
着々と決まりました。

一番人数が多いのが遺族で
話題も深刻なはずなのに、
なぜかこちらもみんなで大笑い・笑。

いつも思うけど希望の会は
みんながフラット。
決めたわけでもないのに
ひとを否定するひとも
裁く人もいない。

出欠も取らず来たい人が来て
話したい人が話す。

深刻なこともくだらないことも
一緒にあって、
すごく居心地の良い空間になってきたかも
しれません(๑'ᴗ'๑)

たくさんのみなさんのおかげで
こういう空間ができていることを
ほんとうに有り難く思っています!

写真は皆さんにいただいた
差し入れの数々と
会場のファミリーサポートルーム。


春がいっぱいやってきました*\(^o^)/




by terasumonnmoku | 2017-02-18 19:20 | 仲間 | Comments(0)

宇宙真理哲学講師、らくがきすと、即興ピアニストぷらす社会活動家(過労自死遺族当事者)働くことから世界を変えるをモットーに、さまざまな活動をしています。合言葉はREBORN.大事なのは、生きることだ!


by terasumonnmoku