「絶賛癒しフェア」チネイザンとイヤーコーニング・ヤマト!

鈴木恵理ちゃんのサロン APTERへ。

c0195362_21572584.jpg

本日は、鈴木宏美ちゃん、
こと「しろみ」ちゃんと
二人がかりで
癒しの施術をしていただきました!


すごい!
贅沢!!

まずは、もとエアロビ講師で
震災を経験し
からだを「ゆるめ」開放する方向に
興味が移ったという、
しろみちゃんの
「チネイザン」(気内臓療法)!

内臓デトックスマッサージとも呼ばれ、
もともとは中国のタオに伝わる療法でした。

それぞれの臓器が喜怒哀楽の感情と
深いかかわりを持つ。
という考え方から、

内臓にため込んだ汚れを
やさしいマッサージで
もみだすことによってデトックスが進み、
回を重ねるうちに
メンタルまで変化が及ぶ。

というものらしい。

ヒーラーでもあるしろみちゃんの手は
タッチが柔らかく
内臓ものびのび!


固まって動きを失っていた臓器が
柔らかさを取り戻し、
心地よさげになっていきます(๑'ᴗ'๑)

わたしは特に「腎」がちょっと固め。
腎は<恐怖>担当で、
恐怖を感じると固くなるのだそうですが

確かにかつて、
ほんとに怖いことがありました。

つらい境遇にもめげず
よくがんばってくれて、腎よ、
ありがとうね(´;ω;`)

心からそんな心持になる
施術をしていただきました。

わたしたち、
いつもがんばっているのよね。

しろみちゃん!ほんとうにありがとう。
しろみちゃんがしてくれたように
わたしも自分の内臓を
いたわってあげたいと思いました。

しろみちゃんの素敵なチネイザン。
お申し込みはこちらです↓

お次は、えりちゃんのイヤーコーニング!

c0195362_21575153.jpg

新作のコーン、
「ヤマト」を受けてきました!!!!!!
(このけばけばのです)

古くから神事に使われていた
麻の、一番重要な繊維の部分を練りこんだ、ヤマト。

これ、

やばいです。


超すごい(ノ゚ο゚)ノ 


めっちゃ、元気になる!
直接ハートに作用して
生命力を掻き立てるのです。

まるで、目の前で
光の扉が開くみたい。

ばばばばばばばばば、っと、

みるみるエネルギーポテンシャルが
あがっていく。

これ、感受性の強い
鬱の人とかにも
いいんじゃないだろうか。

精麻、恐るべし。
神主が清めの神事のために振るう大麻にも
使われているそうですが
さもありなん。

これは効くでしょう。
光ってるもん。

この「ヤマト」
間もなくメニューに加わるそうですので
皆様お楽しみに(^_-)-

イヤーコーニングの、お申し込みはこちら↓



ダブルデトックスの後は
いつもお世話になっているあぐり寺の無冥さんが開設した
宮町相談所へ遊びに行きました!


そこでまたお茶を飲み、
ちょこっとしゃべって写真を撮って、
すかさずアピール・笑。

c0195362_21581944.jpg

24時間無料でDVその他
さまざまな人の相談に乗っている無冥さん。

絶賛サポーター募集中です!



さて帰ろうかなと
てくてく歩いていると、

c0195362_21584664.jpg

こんな見事な桜を発見!

ぱちぱち写真を撮っていたら
つい誘われて

突然お花見に参加することに(ノ゚ο゚)ノ ~

ここは開園したばかりの
仙台かみすぎさくら保育園。

樹齢100年のこの桜の木を
地域の人と楽しむために
あえてリスクの高い保育園を
開業することにしました。

と、園長先生はおっしゃいます。

かっこよすぎる~

そんなお話を伺いながら
6名ほどの初対面の皆様にまじって
見事な桜に見とれながら
劇おいしい山形風芋煮にをごちそうになり、

c0195362_21590697.jpg

真に優雅な春の夜を
過ごさせていただきました!

c0195362_21592927.jpg

かみすぎさくら保育園は
保育士さんも、
園児も絶賛募集中だそうです。

大きな桜の木の下で
大きくなる子供たちを思うと
それだけでうれしくなりますね♬

また、明日も4時ごろからお花見をされるそうなので、
お近くの方は
ぜひ、遊びに行ってみてね!


ほんとうにすてきな保育園なのです♡











by terasumonnmoku | 2017-04-14 22:10 | スピリチュアル | Comments(0)

本名・前川珠子 らくがきすと・即興ピアニスト・セラピスト&震災復興途上の過労自死で夫を亡くしたひとりの遺族として、さまざまな活動をしています。東北希望の会代表、全国過労死防止センター幹事。高校生の息子<とうもろこし>と二人暮らし。なお、このブログは完全にプライベートな立場からの発信であり、東北希望の会のオフィシャルな活動とは基本的に関係ありません。

by terasumonnmoku