パンク・ドン・キホーテ

SAWA'S CAFE 仲間かずぴょんの企画

「舞台のうえにみえるもの~
パパ・タラフマラの軌跡に見る舞台芸術」
vol.5

パンク・ドン・キホーテ


1982年に演出家小池博史氏を中心に
成された
パフォーミング・アーツ・カンパニー
「パパ・タラフマラ」の、2009年の作品を
残された映像で見ていきます。

本日は演出家の小池さんも
一緒に参加という、
とんでもない贅沢さ!!!!!!



c0195362_23110570.jpg


>「家族」というもっとも身近な
コミュニティを起点にした作品。
明るさと狂気を持つ家長パンドンが、
家族を軍隊化する?という
哀しくももろい、
ある家族の物語。(byかずぴょん)

ほとんどセリフはなく
音楽と、歌と身体表現のみで
どんどんストーリーが進んでいきます。

からだの表現の豊かさに圧倒され、

ピカソのゲルニカを舞台にしたら
こんな感じかな?

とわくわくしながら見入ってしまいました。

それだけでなく、今日のために
かずぴょんがしつらえた会場の
美しいこと。

入口の看板も手作り↑!



映像作品に合わせて
ぴったりなお菓子が
お茶とともに供されます。

おひさまやさんの
パウンドケーキ!

c0195362_23112179.jpg

人間が動物に逆襲される。
みたいなシーンがあるので
植物性のモノだけで作られた
安心の味!
ほんとぴったり・笑。

作品を見て
一緒に見たみんなとダイアログ。
今日は演出家の小池さんがいらっしゃったので

舞台芸術論(๑'ᴗ'๑)

c0195362_23114946.jpg


あたらしい未来を作るカギは
「身体性」にある。

という言葉にわくわく(ノ゚ο゚)ノ ~

身体性をとらえるのに
こういう<演劇>ほど
ぴったりなものはありません。

ダンスを見ていると
自分にはそこまでの身体能力は絶対にないのに
自然に頭の中で
動いているつもりになる・笑。


みんな。
身体動かしたほうがいいよ~。


演劇を通して
どのように社会をよりよい方向に
動かしていくか。
という話をしながら、

今日は一日中
理念、や、ユートピア、や、
「未来の社会」の話をしていたね。

と、徳ちゃんと笑いました(*´艸`*)

言葉は違うけど
これ、全部同じこと。

過労死防止の世界でも
スピリチュアルな仕事の場でも
セッションでも

いつもわたしは、「未来」の世界を
どうつくっていくか。

今自分のやっていることから
どのように
ユートピアにつないでいくか。

という話をしています。

よく考えると
その話しか
してない・笑。

たぶん徳ちゃんも同じでしょう。
仲間だからね!

心の中に理想があれば
すべてがそこに向かう
道になる。

小さな失敗や挫折も
明日の糧になると思えば
やりがいがでてくるというもの!

それにしても
なんて贅沢なひとときであったことでしょう。

かずぴょん、小池さんはじめ
関わってくださったスタッフの皆様。

ほんとうにありがとうございました!

またどうぞよろしくお願いします*\(^o^)/*


c0195362_23121021.jpg

会場に近い旭が丘の桜。
駆け込み桜かな・笑。

こちらは小池さんの最新作
マハーバータラのクラウドファンディング。
絶賛応援中です!





by terasumonnmoku | 2017-04-21 23:01 | アート | Comments(0)

宇宙真理哲学講師、らくがきすと、即興ピアニストぷらす社会活動家(過労自死遺族当事者)働くことから世界を変えるをモットーに、さまざまな活動をしています。合言葉はREBORN.大事なのは、生きることだ!


by terasumonnmoku