ベラルーシ番外編

<食べ物シリーズ>

10日間を過ごしたズブリョノックの食堂は
毎食、危険なバイキングでした。

c0195362_23544911.jpg


ヨーグルト、ハム、ソーセージが
とってもおいしい♡



素朴な味の果物。

セザンヌの絵に出てきそうなリンゴや
固い桃やネクタリンを
よく食べました!

c0195362_23413138.jpg

これはズブリョノックの施設に併設されている
英語の通じないカフェ。

お菓子は大ぶり。
見た目も派手ですが、
アメリカや他のヨーロッパの国のような
嫌な甘さはありません。


ここで高校生のみんなは
クリスピーピザMサイズを
1人一枚、
バイキング形式の山盛りご飯の後で
食べてました・笑

さすが高校生!

c0195362_23385973.jpg


スーパーマーケットです。
この潰れた桃、食べてみたかった!

物価は日本人には安く
生活しやすい感じ。

果物、野菜はほぼ輸入とのことでしたが、
昔風にじゃがいもとバン。
肉と乳製品だけでいいなら、

自給自足が可能というのが
いいですね。
安心感があります。



それにしてもせっかくプールでカロリーを消費しているのに、かっこいい男性コーチが、プールサイドでチョコレートをくれるのです。嬉しそうに微笑みながら。これには参りました。

博物館に行っても、どこにいっても
山盛りおやつとお茶が出てきます。

肥える〜

c0195362_23164959.jpg
< JKごっこ>

喉仏におじさんを住まわせている女子高生と、高校の先生と、ベラルーシ人2名とで、JKごっこをしているところ(^_^)
アフロヘアがお気に入りです♡




c0195362_09382636.jpg


< 旅のしおり>

イラストを描かせていただいた、
旅のしおり♡

c0195362_09442492.jpg

< ヘナアート>

アブダビで、ヘナアートを
描いてもらいました!
一週間はもつそうです。

楽しい旅を、
ありがとう〜\(^o^)/





by terasumonnmoku | 2017-08-06 00:03 | | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku
カレンダー